2011年8月15日 (月)

ツリーオブライフ(ネタバレ?)

見てきました。
暗い話だけど、綺麗でした。

「父子の関係のこじれ」って感じの話だったら興味なかったのですが、CM見てたら地球に隕石らしきモノが落っこちてるし、『SF!?もしや密かにSF!?』とちょっと期待してしまいました。
いやまぁ、SFじゃないというのはすぐ分かったんですが(笑)、ネットでレビューをみたら、「30分近くもCG映像がある」とか、「ディスカバリーチャンネルを見てるみたいだった」とかいう話も見つけてしまい、これは見に行っても良いかなぁ~と。

正直、冒頭がヨブ記の一節から始まるというし、タイトルが生命の樹だし、キリスト教のコト知らないと楽しめないかなぁ~?と不安もあったのですが、
でもまぁ。。。
実際見てみれば、それなりに面白かったです。
 
全体にメリハリがないというか、話が淡々と進んでいくので、退屈と言えば退屈なのですが(苦笑)、あちこちに暗喩的なモノがちりばめられているので、そういうのが興味深かったです。
 
とはいえ、わたしが最も興味を持ったのは、やはり前半の宇宙&地球の歴史部分です。
よく見る天体写真も使われていて、確かにディスカバリーチャンネルっぽいのですが、全体的な見せ方が、見慣れた科学モノとはちょっと違った雰囲気を醸し出していました。
『キリスト教がらみ』という先入観を持っていたからかもしれないですが、ちゃんと『あぁ神が世界を作ったんだなぁ~』と感じることができました。
うーん。
宇宙の始まりから人類まで、超特急ですっ飛ばしてる感はありましたけど、転換点というか、節々となる部分は表現されていて、いかに神がこの世界を造ったのか、一緒に見ている感じでした。 
 
そして、それが今に繋がっている。
まさに今見てきた神の造った世界にわたし達はいて、見えないけど神の存在が今もある。
 
厳格な父。イライラする毎日。
話の中で何度も『あなたはどこにいるの?』と問いかけがなされるのですが、そこかしこに神はいる。キラキラ流れる水の中や、風をはらむカーテンの中に。
『どこにいるの?』という問いが出てくる度に、ついつい「そこにいるじゃん!」と指さして突っ込みを入れたくなってしまう。(←だって、自然の中に神の意志があるように、意図的に見せてる感じがするんですもん)
また、主人公の少年がワルイことやる度に「うわぁ、そんなことばっかりやってて、とーちゃん責められないよ~」と、やはり突っ込みたくなってしまったり。。。見てて、ちょっともどかしい。
 

 
でも結局、一番最後。
彼は、お母様?の後を追ってドアの枠をくぐっていくし、、、命だとか父の思想のようなものは、次へと続いていくんだなぁ~と。
広い塩田の上のシーンは、ちょっとエヴァンゲリオンの最終回を思い出しちゃったのですが(苦笑)。
…うん、まぁ。『そっかぁ~。』と思えたエンディングでした。
あ、でも、パンフレット、買ってくれば良かったかなぁ。解説読んだら、さらに楽しかったかも。
 

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

SP野望編

今日は前の会社のお姉様と映画『SP』を見てきました。
姉様は初日にも見に行ってて、今日は二回目。堤真一の大ファンですから、まだあと何回も見に行くみたいです。根性です(笑)
 
 
映画の中身。
今回の監督は本広監督じゃぁないってのに、パトレイバーを思い出すシーンがあちこちにありました(笑)
 
話全体としてはTVの頃から予測できたように、まんまパトレイバー劇場版2でした。実際にSP野望編を劇場で見る前、姉様の話や雑誌の設定だけを見ていた段階では、『パトレイバー劇場版2』と旧OVAの『二課の一番長い日』と、どちらに近いかなぁ~なんて思っていたのですが、見てみたら劇場版2でした。ま、『劇場版2』は『二課の~』の焼き直しみたいなモノですけど、『人々の目を覚まさせるために、本物の危機を起こす』ってあたりは、劇場版2と同じテーマですね。ただ、『決起グループのメンバーは学生時代の政治サークルがもと』ってあたりは二課の~に近いかもしれない。
あと、所々他の要素もあったかな。途中に出てきたカラスの雰囲気なんかは劇場版の1っぽかったですね。
『カラスが…カラスの足にプレートが…』
って、野明ちゃんのセリフを思い出しちゃいました。
いやいや、もちろん“SP”としても面白かったです!!また見に行こうかな♪
…ってか、つぎ早く見たいです。
 
 
あ、関係ないけど、パトレイバーの劇場版がまた見たくなっちゃいました。
押し入れをひっくり返せば、VHSのビデオが出てくるはずなのですが、もうデッキがないし。
うーん。一度ビデオで買ったタイトルをまたDVD買うのもやだなぁ…。ビデオ…高かったのになあ。くぅ。
 
 
 

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

インセプション

2本、映画を見てきました。
 
インセプションと踊る大捜査線です。
 
単品で見たら踊る大捜査線も面白かったのかもしれませんが、SF好きの私としては、インセプションがあまりにも面白かったです!!後から見た踊る大捜査線の方はちょっと退屈になってしまいました。
 
いやぁホント、インセプション、面白かったです~~っ!!
 
事前に会社の人から『理解するのが難しい』という話と『いや、別に難しくないよ?』という両方の意見を聞いていたので、自分はどっちだろう~と警戒しつつの鑑賞となりました。
 
見終わってみれば、ストーリーとしては比較的単純…というか、ありがちな話で、世界設定が凝っているということなのだ、と分かりました。
劇中、その世界観は『チームの新人に説明する』という形で、いちいち説明されていくのですが、内容をその都度把握しておかないと、SF慣れしていない人はつらいのかもしれないです。世界観を曖昧なまま何となく見続けても、今自分が見ているのがドコなのか、他の世界との関連がどうなのか、分からなくなっちゃうのかなぁ?…と。
 
でも、妻を死なせてしまった罪悪感のトラウマと格闘するデカプリオとか“虚無”からもどった渡辺謙の心情とか、世界観を踏まえた上で、登場人物のことを考えるのも楽しいので、是非是非って感じです。
 

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

ザ・コーヴ

アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞をとったイルカ漁のドキュメンタリー映画。中身はともかく『賞を取った映画が盗撮モノ…』と言われると,何だかハレンチというか恥ずかしい感じがします(苦笑)…うん。明らかに違うものを連想している(笑)

さて,この映画のことで昼休みに事務のお姉様方とアレコレ騒いでいたのですが,結局の所,いくら「文化が違う」と訴えてみたところで,キリスト教的思考の人たちに理解してもらうのは難しいのかなぁ~と思います。
それでも「文化が違うんだ」と訴えていかないといけないのかなぁやっぱり。

以下,長くなるのでとじます。

続きを読む "ザ・コーヴ"

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

アリから見れば巨晶だらけ

昨晩のNHK!
巨大結晶!!!

見たかったんですよぉ~~~。うちはBS見られないので、以前BSで放映されたときは涙をのんだのですが、地上波でも放映してくれて良かったです。

一目見て石膏だぁ~!と思いましたが、いやいや、桁違いにおっきかったです。巨晶の森を描いた小説や絵本はありましたが、れっきとした現実、実物ですもんね♪
そういえば、『コア』って映画でも、マントルまでもぐっていく途中で、巨晶がありましたね。
現実の巨晶の森だって、他にもあるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

黒部~

放映前に「リメイクものはなぁ~」と上司がつぶやいていましたが、それでも「黒部の太陽」見ました。

前作を見てないので比較しようもないですが「まぁ…こんな感じか」というのが印象でした。何だか香取くん、NHK大河「新撰組!」の近藤隊長みたいだったです(苦笑)

湧水、すごいですね。そういえば、確か日経コンストで「湧水が多かったので、現場はウエットスーツを着用して作業した」というトンネル難工事の記事を読んだことがあります。当時はウエットスーツなんてないですもんね…っていうか、山のトンネル工事でウエットスーツ。うん…大変ですよね。…いえ、その記事、“難”のメインはそこ(ウエットスーツ)じゃなかったですが(苦笑)

あ、日経コンストといえば、先日の号で「黒部の太陽」のプロデューサーか誰かのインタビューが載ってて、その中で「今までは土木工事はできて当たり前だと思っていた」という趣旨のコメントがあったように記憶しているのですが(うろ覚え)。。。「他業種の人から見たら、そういう感じなんですかね?」…と上司に聞いたら、「まぁ、そうかな?」と苦笑しながら「黒部」以外の事故の話を沢山してくれました。
こういう話を聞いて、真っ先に思い出す単語が「指名停止」だったりするあたり、自分の感覚に問題があるなと思います。

ドラマ。もうちょっと岩(がん)を撮して欲しかったかなぁ。
初日、確か地質は風化花崗岩とか言ってた気がするんですが、破砕帯に突入する前、ズリが花崗岩に見えなかったです。実際のトンネル掘削の現場って行ったことがないのですが、爆破の後のズリは、岩塊のまわりに粉が付いちゃって、あんな感じ(灰色の塊状岩塊)に見えるのかなぁ~?????と思いました。
二日目は一瞬だけ地山の花崗岩が見えた…ような…気がした(笑)

いずれにせよ、テレビドラマの中で「フォッサマグナ」とか「破砕帯」とか言ってるのを聞くのは新鮮でした!!

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

残された食べ物

ごはん。食べてないことに気がついて、さっき、休憩室で食べてきました。
そういえば、昨日から食べていないです。

月曜工期の分は、とりあえず昨日、印刷屋さんに入稿できました。今日は、他の人の分のCAD作業です。

こうしていると、食べることをすぐに忘れます。
正月の頃のように『食べ物を見ると気分が悪くなる』という程ではありませんが、相変わらず食べることが苦痛なのは変わりません。

休憩室には一応テレビがあります。
壊れかかっていて、色が白黒状態なので好きじゃないのですが、とりあえず食べている間はテレビをつけていました。

女優さんがアフリカのルワンダを旅している番組でした。

画面に映るすべてが貧困を意味しているように見えました。
男性『健康に暮らしてはいるけど、幸せではない』
女優さん『そうですか。。。幸せそうに見えるけど』
男性『幸せそうに見えますか?』
女性『子供には教育を受けさせて、畑だけの世界から抜け出させてあげたい』

どんなに裕福で健康でも不幸せに感じる人がいる一方で、端から見て不健康そうで、不自由そうで、貧しそうで…それでも幸せを感じることができる人がいる。
だから、基本的に心の幸・不幸は、その人個人の「心の資質」によると思います。

でも、こういった番組を見るたびに、この人達が日本を見たらどう思うんだろう、とか、わたしはやはり日本だから生きていられるんだ…と感じます。

そして、また目の前に、食べきらない食べ物があるのですよ。

| | コメント (0)

2009年2月27日 (金)

タモリさんが巡検

タモリクラブで、都内の崖で地質巡検するって言うから!!!
テレビ間に合わないからもう帰ります!!!


印刷屋さんに『明日午後には原稿メールします』って、言っちゃったのにぃ~~

あぁ、もうこんな時間。テレビも原稿も間に合わないぃ~~~

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

くちびるにほくろ

次のほくろのうち、重大な病気のサインはどれ?

  1. 唇にできたほくろ
  2. 左右非対称のほくろ
  3. 盛り上がったほくろ

普段、健康・病気ものの番組はこわいので一切見ないのですが、家に帰ってきてテレビをつけたら、真っ先に目に入ってきたのがコレでした。
 

うわ…。見ちゃったよ。。。

普通なら真っ先にチャンネルを変えるのですが、わたしも唇にほくろがあるんです。ほくろというより色素沈着って感じのものが複数個。上記のリストの中なら、明らかに2番が怪しいだろう…とパッと見で分かるのですが、それでも気になっちゃいます。

うむぅ。
多少、イライラしながら待っていると、唇のほくろは『消化器系にポリープができているとできる』と説明が!
消化器系にポリープ。。。

あぁ、ある!

この春、胃カメラ飲んだとき、胃全体にブツブツあると言われたのを思い出しました。
その後、『小腸・大腸にポリープが多発する人にできる色素沈着』『唇の縦じま沿いに複数できることが多い』という風に解説されていました。そういう病気があるんだとか。

うーん。色の薄い色素沈着が複数個あるのですが、縦じま沿いかどうかはよく分かりません。小腸、大腸?うーん??
まぁ、春の検査のときは、病理検査の結果、『このポリープは放置してもかまわない』と言われているので、特に何もしなくて良いのかな?

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

センターオブジアース

今日から公開されたセンターオブジアース。さっそく見てきました。

娘が以前からポケモン3Dも見たいと言っていたので、両方あわせて3D二本立てです。すっごい目が疲れました(苦笑)
子供の方がこういったことに柔軟性があるのか、娘は『別に疲れなかったよ~』とのこと。

映画の方は、ストーリーはすごくありがちでしたが、確かに“映画館がアトラクションに変わった”感じでした。チケット代も普通の映画より安かったし、ストーリーに多くを求めなければ、それなりに面白かったです。

わたしは何も考えずに見てしまいましたが、基本的に荒唐無稽なお話なので、突っ込みを入れながら見ても面白いかもしれません。でもまぁ、3Dがひとつのウリですからね。うん。見たことの無い風景を3Dで見たのは良かったです。

館内では、観客みんなで笑ったりビックリしたりしました。終始ジョークが入っていたので、頻繁に笑いが起きていたのですが、ちょっと寂しかったのは、鉱物(というか宝石)に絡んだボケが出てきたとき、わたし一人が『ぷっ!』っと笑ってしまって、まわりの観客は無反応だったこと…。
内心、『え?今の笑うところでしょ!?』みたいな。。。

まぁ、なんというか。冷静に考えてみたら、そもそもアレは本当にジョークだったのかしら?

| | コメント (0)