2010年12月26日 (日)

銅(カザフスタン)

Dsc08128 Dsc08129

Dsc08130

Itauz Mine,
Dzhezkazgan, Kazakhstan


娘と『クリスマスツリーだ~』といって、連れて帰ってきた銅の標本です。
結構丈夫な感じ。がっしり。 

 
ようやく年末です。
先週までで、とりあえず年内のしごとはひと区切りなのかなぁ~と思っています。
そしたら、この土日は風邪で寝込んでしまいました。
なので、年賀状がまだ手つかずです。はう。
明日は会社の忘年会ですが、あまりお酒は飲みたくないです。
 

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

緑鉛鉱(中国)

Dsc07670 Dsc07671


Dsc07674 Dsc07677


中国広西省(こざとへん+旦)朔 鉛鋅鉱山
50×40×3.5mm(結晶サイズ1~3mmくらい)

緑鉛鉱です。
母岩は結晶質の砂質片岩で、キラキラした感じです。緑鉛鉱が草みたいにはえています。
 

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

黒曜石(アメリカ)

Dsc07606 Dsc07607


Dsc07610 Dsc07612

Davis Creek, California, USA
70×11×15mm

ラベルには、レインボーオブシディアンとなっていました。
要は不思議な色合いの黒曜石ですね。
うん。みごとな貝殻状断口です。

角度によって、青みがかった、蝶のような不思議な色合いになります。

端は切れ味抜群です。さすが石器になる黒曜石です。
結構剥げやすくって、恐いです。あまり触っていられません。カケラ同士があたると、シャランシャランと綺麗な音色を奏でるのですが、そのうち手を切りそうで。。。そこら辺にカケラを落としたりしても恐いし、また封印でです。
 

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

鉱物のタロット!?

Dsc07578 Dsc07579
 
本屋さんでタロットカードを衝動買いしてしまいました。
 
『THE TAROT OF GEMSTONES AND CRYSTALS』
というタロットです。
 
上の写真のように、タロットと言ってもただの『宝石&結晶カード』という風です。
一応、カードの左下にタロットのカード名、右下に石の名前が印刷されています。
また、説明書は英語なのでよく分からないのですが、カードの解釈としてはタロット+パワーストーンちっくな説明が載っているようです。
 
右上の写真はトルマリンです。なぜかトルマリンのカードがいっぱいありました。水晶もたくさんありましたが…。まぁ、水晶は何となく分かります。でも、何故トルマリン??
確かにトルマリンは電気石グループ。たくさんの種類があります。けど、それならガーネットだってざくろ石グループだし。ガーネットは一枚きりでしたよ?(しかも、トルマリンは大アルカナに2枚も!!)
どうせなら、もっとたくさんの種類の石を載っけて欲しいから、偏った選出ではなく、色々幅広くしてくれた方が良かったなぁ。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

白鉄鉱・方解石(アメリカ)

Dsc07245 Dsc07236


Dsc07243 Dsc07233
 
Brushy Creek Mine, Reynolds Co.,
Missouri, USA
100×70×70mm
 
方解石にキラキラの白鉄鉱がのっています。
光の具合で白鉄鉱がピンク色に光って見えます。
 
先日のアクセサリ。黄鉄鉱なのにマーカサイトと呼ばれているので、
『これがホントのマーカサイトだよ~』
と娘に見せたら、
『あーなるほど。似てるね』←棒読み
と無関心風(苦笑)

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

異極鉱(中国)

Dsc07177 Dsc07187

Dsc07184 Dsc07182

Wenshan Mine,
Yunnan, China
60×40×30mm

異極鉱です。

異極鉱は結構いろいろな雰囲気の子がいるので、わりと好きです♪

| | コメント (0)

2010年4月12日 (月)

水晶(ボリビア)

Dsc07101 Dsc07104
Dsc07109

Anahi Mine, Santa Cruz, Bolivia

アメトリンのスライスです。片面だけ磨いてあります。
1cmくらいの厚さ。

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

シャッターカイト

Dsc06705 Dsc06707


Dsc06702

Kandesei, Kaokoveld, Namibia
写真の幅、3cmくらい

ほかほかした感じの石、好きです♪

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

珪化したアンモ…(笑)

Dsc06695
Dsc06690

Ammonite
Ambarimaninga, Majunga, Madagascar
中生代ジュラ紀~白亜紀
直径30mm

先日、近くのArio内のモールに京都に本店があるあのクリスタルワールドがオープンしました。
ですので、とりあえず、初日に見に行ってみました。

わたしは、化石と鉱物では鉱物収集派…のはずですが、結局買ってきたのは上の「アンモナイト」でした。
あれ~?(笑)
まぁ、内部は珪化していて微細な水晶が晶出している…ということで、鉱物繋がりだということにしよう!と思います。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

アレキサンドライト(ロシア)

Dsc06673 Dsc06657

Dsc06675 Dsc06679

Malischevo, Ural, Russia
20×13×10mm

右上の写真は白熱灯下の色。
それ以外の写真は、蛍光灯下の色です。

 

| | コメント (0)