« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月17日 (木)

パンがなければ

自宅、地震で本棚の本が崩れてしまい、部屋一面に本が散らばっていて、膝下くらいの高さまで本が積もっています。
…未だに片付けができていません。地震時前後は会社に泊まり込んでたし。。。
本を掻き分け、とりあえず今は寝床を確保している感じです。
昔から親に『本ばかり買って!(怒)そのうち、天井が抜ける!!』と言われていたのですが…うん。地震時に部屋にいたらケガしてたなぁ~としみじみ思います。ってか、これらの本は、どうやって本棚に収まってたんでしょう…そしてまた昨日、本を買ってきちゃったりするわけです(笑)

食料。
日中の時間は会社にいるので、仕事が終わった9時10時に買い出しに行くのですが、お店に行っても何もない状態が続いています。いつもは深夜までやっているスーパーに行くのですが、やはり締まっているので、今はドン・キホーテとか行ってみたりしています。
パートさん曰く、そろそろ品物も増えてくるんじゃない?とのことなのですが。。。そうだといいなぁ。

がらんどうで、ご飯もカップ麺もない商品棚を見た後、ケーキがまだ売れ残っているのを見ていたら、マリー・アントワネットの

『パンがないなら、ケーキを食べればいいじゃないっ』

を思い出してしまいました。
ここ極東日本では、ご飯が無くてもケーキがあるんだよ…。つくづく不思議な気分になりました。
でも、不思議とケーキを買う気にはならないんです。ケーキを買うお金はあるのに、それはそれで贅沢だよな…と思いつつ、お店を後にしました。

今週に入ってから気もそぞろで、なんだかぼーっとした日々を過ごしています。仕事に身が入らないし、どうしちゃったんだろう。

 

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

計画停電実施。

昨夜、自宅が計画停電の実施範囲に入りました。
開始予定時間より40分くらい(だったかな)遅れた7時頃から実施されました。同じ第2グループでも会社は平気だったのですが…わからないものです(苦笑)
会社は停電にならなかったものの『念のため』と会社のサーバが事前にシャットダウンされてしまったので、ちょうど停電の時間帯に帰宅しました。街の電気が本当に消えていて、不気味な印象を受けました。

帰宅途中に結構大きな交差点があるのですが、警察官の方が手信号をしているところもあれば、警察官の方がいない交差点もあって、夜間は結構危ないです。警察官の方がいなかった交差点、どうしていなかったんだろう。主要県道と駅前通りの交差する交差点なのに。(旦那は、『そういえば、あの交差点は警察の管轄のちょうど境界位置だ…』なんて言ってたけど、そんなの関係あるのかな?)
 
 
ともあれ、わたしが生まれたとき、日本はすでに世界第2位の経済大国で、アジア唯一の先進国と言われていました。ここ20年ほどは渋い状況にありましたが、それでも生きていく上で恵まれた環境にあることには変わりなくて。政治とかグダグダだし、この国はズルズルと廃退していくのかな、と思っていました。

自然災害の多い国であることは百も承知でしたが、なんというか、巨大地震の発生や巨大火山の噴火はタイムスケールが大きすぎで、現実社会の自分が生きるたった数十年の間にそれがラップするというのは、ものすごい確率のような気がします。
いや、学校で習ったような巨大地震というのは、今回の地震よりもさらに大きいのかな。。。。もはや感覚が鈍っていて、よく分かりません。

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

現実とずれている気分。

福島原発、ますますヤバイことになってきていますね。
以前冗談で言った『ヨード剤でも~』が妙に現実味を帯びて感じられて恐いです。

以前、原発のわりとそばに住んでいたことがあったのですが、そのとき原発反対の市民団体かたとちょっとお話ししたことがあります。
わたしは地質をやっていたので、放射性廃棄物の地層処分関連の資料を持っていて、(そっちは門外漢でいらない資料だったので)その資料を提供しただけなのですが、不思議と「原発はダメだ」というその時のおじさまの言葉が今更のように思い出されます。

まぁ、そうかな…とは思っていたのですが、今日工期の仕事、2件とも納品が無くなりました。役所はそれどころではないですよね。片方の役所は(東北ほどでないにせよ)被災した自治体でしたし。

バタバタと忙しくしていたのが一段落し、周りに目を向けられるようになると、世界が一変していた…そんな気分です。お店にはモノがないし、テレビは恐ろしいニュースばかりやってるし。どこか違う世界に来てしまったみたい。

| | コメント (0)

2011年3月13日 (日)

ものすごい地震なのに

同じ15日工期という仕事が2件かぶっていて、それ以外にも修正の必要な仕事が待っていて…という感じなのですが、全く仕事のできない私はミスを連発。先輩方に迷惑をかけ、手伝って貰い、教えて貰い。。。

15日工期の仕事のうち、片方は完全に終了しないことが判明していて、役所には念書を書くことに。役所に念書なんてはじめて。

 

と、こんな状況のなか、大地震

今は他ジャンルの仕事をしていますが、もともとの専門は地質関連なので、こういう方面の情報には目を向けていたいのだけど、今回は全くと言っていいほど情報を得ていません。
いえ、今の仕事も耐震関連、関係あるといえば関係あるのですが…それ以外の部分の仕事でいっぱいいっぱいで…。
頭の中が大混乱。

 

地震の情報はもちろん、原発の方も気になります。
ここ2日ほど会社に泊まりで仕事をしていたら、昨夕、旦那から「原発がヤバイ」とメールが。。。
情報から隔絶していて、コトの内容も知らなかった私は、
「なに?メルトダウンでもおきた?成長期の子供(←娘)はヤバイからヨード剤でも確保しとく?」
と冗談めいて返信。

……。
原発。冗談じゃなかったんですね。
そんな状況で、上記のような返信をもらった旦那は、本当に薬局に探しに行く始末。
当然売ってないのですが、聞くところによると、同じようにヨード剤を探して薬局に来る人が他にもいたみたい。

 

情報がないのは恐ろしいことです。
でも、特にできることもない。
会社の上司とか付き合いのある大学の先生は耐震のからみで現地入りするんだろうけど、今、わたしにできることは、目の前の報告書をひたすら書くこと。

不思議です。今書いてる仕事の中には、耐震関連の報告書もあるのに、今、ここで起きている未曾有の地震から距離を置かなくてはいけないなんて。
工期がなんぼのもんじゃ!と叫びたいけど(苦笑)
……逆を言えば、工期が生きていると言うことは社会が機能しているということ。これだけの地震があっても日本という国はきちんと機能するのだと、ウソでも自分に言い聞かせて。

 

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »