« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月18日 (木)

ヘロヘロ

うーん。新しい会社で半年が過ぎました。。。
まだまだ慣れないし、ちょっとバテてきてる感じです。
来週末は社員旅行なのですけど…なんだか気分がいっぱいいっぱいです。

お香を焚いて、鉱物を机に広げて、なにか好きな音楽でも聴いて、好きな紅茶でも飲みながら、好きな本でも読んで、何も考えずにヘロヘロしていたい…。
 
いやいやいや…うわぁ、もう年末ですから。とにかく、がんばれ!!
 
 
 

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

蛍石(イギリス)

Dsc07525 Dsc07529

Dsc07523 Dsc07521

St.Peter's mine, East Allendle
Northumberland, UK
100×60×30mm

最近、すっかり寒くなってきましたね。季節もようやく冬に向けて大きく舵をきったのだなぁ~と思います。

この標本。蛍石自体はたいして綺麗じゃないのですが(←おい)、表面が水晶に覆われていて、まるで氷か雪が積もっているみたいです。真っ白に覆い隠さず、少し薄汚れた蛍石が顔を覗かしているあたりに風情を感じます。

そして、紫外線をあてると、蛍石の部分だけが薄紫色に蛍光して、また違う風景が見えてきます。

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

緑鉛鉱(中国)

Dsc07670 Dsc07671


Dsc07674 Dsc07677


中国広西省(こざとへん+旦)朔 鉛鋅鉱山
50×40×3.5mm(結晶サイズ1~3mmくらい)

緑鉛鉱です。
母岩は結晶質の砂質片岩で、キラキラした感じです。緑鉛鉱が草みたいにはえています。
 

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

黒曜石(アメリカ)

Dsc07606 Dsc07607


Dsc07610 Dsc07612

Davis Creek, California, USA
70×11×15mm

ラベルには、レインボーオブシディアンとなっていました。
要は不思議な色合いの黒曜石ですね。
うん。みごとな貝殻状断口です。

角度によって、青みがかった、蝶のような不思議な色合いになります。

端は切れ味抜群です。さすが石器になる黒曜石です。
結構剥げやすくって、恐いです。あまり触っていられません。カケラ同士があたると、シャランシャランと綺麗な音色を奏でるのですが、そのうち手を切りそうで。。。そこら辺にカケラを落としたりしても恐いし、また封印でです。
 

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

SP野望編

今日は前の会社のお姉様と映画『SP』を見てきました。
姉様は初日にも見に行ってて、今日は二回目。堤真一の大ファンですから、まだあと何回も見に行くみたいです。根性です(笑)
 
 
映画の中身。
今回の監督は本広監督じゃぁないってのに、パトレイバーを思い出すシーンがあちこちにありました(笑)
 
話全体としてはTVの頃から予測できたように、まんまパトレイバー劇場版2でした。実際にSP野望編を劇場で見る前、姉様の話や雑誌の設定だけを見ていた段階では、『パトレイバー劇場版2』と旧OVAの『二課の一番長い日』と、どちらに近いかなぁ~なんて思っていたのですが、見てみたら劇場版2でした。ま、『劇場版2』は『二課の~』の焼き直しみたいなモノですけど、『人々の目を覚まさせるために、本物の危機を起こす』ってあたりは、劇場版2と同じテーマですね。ただ、『決起グループのメンバーは学生時代の政治サークルがもと』ってあたりは二課の~に近いかもしれない。
あと、所々他の要素もあったかな。途中に出てきたカラスの雰囲気なんかは劇場版の1っぽかったですね。
『カラスが…カラスの足にプレートが…』
って、野明ちゃんのセリフを思い出しちゃいました。
いやいや、もちろん“SP”としても面白かったです!!また見に行こうかな♪
…ってか、つぎ早く見たいです。
 
 
あ、関係ないけど、パトレイバーの劇場版がまた見たくなっちゃいました。
押し入れをひっくり返せば、VHSのビデオが出てくるはずなのですが、もうデッキがないし。
うーん。一度ビデオで買ったタイトルをまたDVD買うのもやだなぁ…。ビデオ…高かったのになあ。くぅ。
 
 
 

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »