« 試験終了 | トップページ | 異極鉱(中国) »

2010年8月14日 (土)

インセプション

2本、映画を見てきました。
 
インセプションと踊る大捜査線です。
 
単品で見たら踊る大捜査線も面白かったのかもしれませんが、SF好きの私としては、インセプションがあまりにも面白かったです!!後から見た踊る大捜査線の方はちょっと退屈になってしまいました。
 
いやぁホント、インセプション、面白かったです~~っ!!
 
事前に会社の人から『理解するのが難しい』という話と『いや、別に難しくないよ?』という両方の意見を聞いていたので、自分はどっちだろう~と警戒しつつの鑑賞となりました。
 
見終わってみれば、ストーリーとしては比較的単純…というか、ありがちな話で、世界設定が凝っているということなのだ、と分かりました。
劇中、その世界観は『チームの新人に説明する』という形で、いちいち説明されていくのですが、内容をその都度把握しておかないと、SF慣れしていない人はつらいのかもしれないです。世界観を曖昧なまま何となく見続けても、今自分が見ているのがドコなのか、他の世界との関連がどうなのか、分からなくなっちゃうのかなぁ?…と。
 
でも、妻を死なせてしまった罪悪感のトラウマと格闘するデカプリオとか“虚無”からもどった渡辺謙の心情とか、世界観を踏まえた上で、登場人物のことを考えるのも楽しいので、是非是非って感じです。
 

|

« 試験終了 | トップページ | 異極鉱(中国) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試験終了 | トップページ | 異極鉱(中国) »