« スポーツ好きになりたい | トップページ | ファイト! »

2010年1月27日 (水)

子ども会

今日は、午後から有休取って、子ども会の打合せです。
1年交代なので、任期もあと2ヶ月ばかり。

まぁ「人生は何ごとも経験!ほほぉ、こういう世界があるんだね。」という意味では良い経験だったのですが、全体としてはあまり生産性がないのかな…?という印象が強かったです。
 

新入生を迎える会やドッジボール大会。クリスマス会などなど、
毎度毎度の行事を潰していくわけですが、肝心の子供らが楽しみにしているかというと、そういうわけでもない。もちろん子供ですから、行事に参加しているときは、ぎゃーぎゃー騒いで楽しそうにしてはいるのですが、毎年心待ちにしている「お楽しみ」とは違うような感じです。あくまでも「その場の楽しさ」。
わたしらが「例年の行事だから」と進めているのと同じように、子供達も「例年の行事だから」と参加している模様。

 
ガキ大将的な存在がいて「子供の社会」が存在した昔と違って、今は縦方向の年代が交わる機会が少ない。だから、子ども会の存在というのは貴重だ…的な説明を見たことがあるのですが、実際問題、行事を見ていても違う年代の子供達が交わっているかと言えば、決してそんなこと無い。
そして、ただ「その場の楽しさ」に興じるだけなら、なにも子ども会でなくても良いんですよね。
おそらく子ども会の運営の仕方にも問題があるのでしょうが、そもそも役員が1年交代の片手間仕事なんだし、ムリがあります。

 
また、その役員の間にも意識の温度差があります。
『パートはしているものの、基本的には主婦がメイン』という人と『会社メイン』という人。

前者の人たちが主体となって動いているわけですが、やはり彼女たちは協力的でない後者の人たちに不満がある模様。
そりゃぁ、パートに主婦に他の役員に…と数ある仕事の間を縫って、子ども会の仕事もこなしているのですから、もう少し協力して欲しいと思う気持ちも分かるのですが、一方で後者の人たちにしてみれば、子ども会はあくまで任意。そんな子ども会の仕事ひとつ割り込むことが、業務の進行を大きく左右しかねない。平日の昼間っから簡単に仕事を抜けられるかぁ~~!!というのも事実。

ちなみに、わたしの場合、自宅と勤務先が同じ市内ですし、(現場と打合せにバッティングしなければ)基本自分ひとりで報告書を書いているので中抜けがしやすく、平日でもなんとか打合せに参加はできています。
…とはいえ、やはり、子ども会は片手間感バリバリだし、面倒くさい感もプンプンだしている様な気がするので、他の人に負担はかけているんだろうなぁ(苦笑)
そもそも、主婦メインの人と働いてる人と、両者を分けること自体おかしいのでしょうが、実際参加してみると、両者には歴然とした溝を感じます。
 

ともあれ、「子ども会」という団体の中長期的ビジョンや意義が見えにくかったですね。
「子供達のため」といいながら、子供達のどの点の為において存在しているのか?
情操教育ともちょっと違う。社会教育ともちょっと違う。地域で子供を育てるというのともちょっと違う。じゃぁ、完全に無駄かといえば、そういうわけでもないんでしょう。
…何だろう???
時代にマッチした存在意義が掲げきれておらず、実務をこなす役員の運営形態も時代に対応できていないんでしょうが、どうしても否定的な視点から抜けきれないので、考えれば考えるだけ混迷を深める一年でした。(って、まだ終わってないけど)

|

« スポーツ好きになりたい | トップページ | ファイト! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツ好きになりたい | トップページ | ファイト! »