« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

ファイト!

きゃぁ。月曜日に打合せが3件同時に入っちゃった。。。
土日は会社に来たくないから、全部、今日中に報告書を書き上げて用意しちゃわないと!!

…と思ったら、同僚のPCに不具合が。。。
PCのメンテしなきゃ…。

上手くいかないときはいかないモノ…
ファイト!!

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

子ども会

今日は、午後から有休取って、子ども会の打合せです。
1年交代なので、任期もあと2ヶ月ばかり。

まぁ「人生は何ごとも経験!ほほぉ、こういう世界があるんだね。」という意味では良い経験だったのですが、全体としてはあまり生産性がないのかな…?という印象が強かったです。
 

新入生を迎える会やドッジボール大会。クリスマス会などなど、
毎度毎度の行事を潰していくわけですが、肝心の子供らが楽しみにしているかというと、そういうわけでもない。もちろん子供ですから、行事に参加しているときは、ぎゃーぎゃー騒いで楽しそうにしてはいるのですが、毎年心待ちにしている「お楽しみ」とは違うような感じです。あくまでも「その場の楽しさ」。
わたしらが「例年の行事だから」と進めているのと同じように、子供達も「例年の行事だから」と参加している模様。

 
ガキ大将的な存在がいて「子供の社会」が存在した昔と違って、今は縦方向の年代が交わる機会が少ない。だから、子ども会の存在というのは貴重だ…的な説明を見たことがあるのですが、実際問題、行事を見ていても違う年代の子供達が交わっているかと言えば、決してそんなこと無い。
そして、ただ「その場の楽しさ」に興じるだけなら、なにも子ども会でなくても良いんですよね。
おそらく子ども会の運営の仕方にも問題があるのでしょうが、そもそも役員が1年交代の片手間仕事なんだし、ムリがあります。

 
また、その役員の間にも意識の温度差があります。
『パートはしているものの、基本的には主婦がメイン』という人と『会社メイン』という人。

前者の人たちが主体となって動いているわけですが、やはり彼女たちは協力的でない後者の人たちに不満がある模様。
そりゃぁ、パートに主婦に他の役員に…と数ある仕事の間を縫って、子ども会の仕事もこなしているのですから、もう少し協力して欲しいと思う気持ちも分かるのですが、一方で後者の人たちにしてみれば、子ども会はあくまで任意。そんな子ども会の仕事ひとつ割り込むことが、業務の進行を大きく左右しかねない。平日の昼間っから簡単に仕事を抜けられるかぁ~~!!というのも事実。

ちなみに、わたしの場合、自宅と勤務先が同じ市内ですし、(現場と打合せにバッティングしなければ)基本自分ひとりで報告書を書いているので中抜けがしやすく、平日でもなんとか打合せに参加はできています。
…とはいえ、やはり、子ども会は片手間感バリバリだし、面倒くさい感もプンプンだしている様な気がするので、他の人に負担はかけているんだろうなぁ(苦笑)
そもそも、主婦メインの人と働いてる人と、両者を分けること自体おかしいのでしょうが、実際参加してみると、両者には歴然とした溝を感じます。
 

ともあれ、「子ども会」という団体の中長期的ビジョンや意義が見えにくかったですね。
「子供達のため」といいながら、子供達のどの点の為において存在しているのか?
情操教育ともちょっと違う。社会教育ともちょっと違う。地域で子供を育てるというのともちょっと違う。じゃぁ、完全に無駄かといえば、そういうわけでもないんでしょう。
…何だろう???
時代にマッチした存在意義が掲げきれておらず、実務をこなす役員の運営形態も時代に対応できていないんでしょうが、どうしても否定的な視点から抜けきれないので、考えれば考えるだけ混迷を深める一年でした。(って、まだ終わってないけど)

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

スポーツ好きになりたい

何の病気だ!…というのは無いのですが、健康に自信がありません。
何か…食べ物を食べると気持ちが悪くなるとか…。最近、右手の薬指に違和感があるなぁ~と思ったら、どうも第一関節付近の骨が曲がってきてるようだ、とか…。胃の右側がイタイとか…。

食に気をつけて、軽いスポーツをするのですよっ!自分!!

人生の転機、新しい仕事をするぞ!気持ちはアグレッシブに行こう~!!と思っているのに、内心は「体力がついてくるかしら…」と、ちょっち焦っています。
若いのに…。うん。若いのよ、わたしはっ!……(苦笑)

 

すべての敗因は、スポーツ嫌いにあるような気がするんですけど…。
なんでわたし、スポーツが嫌いなんだろう。
スポーツ、好きになりたい!どうしたら、好きになるかな??

とにかく体力つけなきゃ。

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

シャッターカイト

Dsc06705 Dsc06707


Dsc06702

Kandesei, Kaokoveld, Namibia
写真の幅、3cmくらい

ほかほかした感じの石、好きです♪

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

一歩!

転職に向けて動き出しました。

先日は、転職先の会社に履歴書や経歴書を提出してきました。
もともと知っている会社とはいえ、緊張しました…(汗)
だって、経歴書なんて、みごとに「地質調査」ばかりです。…ってかそれしかやったこと無い。。。設計会社に入れば『全くの新人』です。本当にいいのかしら!?とドキドキしてしましました。

しかーし、具体的に「この業務を担当して欲しい」というのまで提示されて、「本当に転職するんだ…」と思いました。

ふっふっふっ。
春から、地質は仕事じゃなくて趣味の一部です!!(結局、実益も多少兼ねてますが)

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

起動せず

パソコンの電源ボタンを押すと、ビープ音が鳴って、そのまま音沙汰無し。。。

あぁ、なんと。
今朝会社に来たら、パソコンが起動しないじゃありませんか!?
うわぁ~~ん(泣)

 
仕方がないので、生きている他の人のパソコンを使って、情報収集です。
ちなみに、パソコンはDELLのDIMENSION8400です。

 
ネットでググってみると、起動時に鳴くビープ音は、その回数でどんなエラーなのか教えてくれているのだそうです。
それにDIMENSION8400では、PCの背面に4つのライトが点いていて、この点灯具合でもエラーを教えてくれるのだとか。

わたしの場合では、ビープ音が「ビー、ビービービー、ビービー」と1回、3回、2回の順に鳴っていました。
そして、背面のライトは「AとBがオレンジ、CとDがグリーン」という状態。

どちらも「メモリに異常がある」というメッセージのようです。
対処法としては、メモリの差し直しかメモリの交換。。。

 
で……うん。
パソコンの腹を開けて、メモリの差し直しとメモリ交換を試してみました。
「あぁ……今日、セーター着てるのに」とグチりつつ(苦笑)

まず、メモリの差し直し。
が、これは症状に変化ありませんでした。相変わらず、ビープ音を鳴らした後、沈黙してしまいます。
まさか、セーターの静電気のせいで死んじゃったとかいうこと無いでしょうね~と、戦々恐々。
とにかくPCが起動してくれないと、仕事ができません。

そこで、次。メモリの交換。
もう使っていないPCから4枚のメモリを引き抜いてきて、臓器移植です。
うん!
こちらで無事、PCが起動しました。
移植後、最初の起動がセーフティーモードになってしまったので、「まだ何かあるのか?」とビクビクしましたが、デバイスマネージャやら何やら、特にエラーはみられなかったので、そのまま再起動。今度は無事、通常起動ができました。他のPCのお古メモリでも問題ないみたいです。

 
メモリ交換ぐらいで済んで良かったです。
ハードディスクのエラーで、これまでのデータがパー!とかだったら、泣いちゃいます。

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

珪化したアンモ…(笑)

Dsc06695
Dsc06690

Ammonite
Ambarimaninga, Majunga, Madagascar
中生代ジュラ紀~白亜紀
直径30mm

先日、近くのArio内のモールに京都に本店があるあのクリスタルワールドがオープンしました。
ですので、とりあえず、初日に見に行ってみました。

わたしは、化石と鉱物では鉱物収集派…のはずですが、結局買ってきたのは上の「アンモナイト」でした。
あれ~?(笑)
まぁ、内部は珪化していて微細な水晶が晶出している…ということで、鉱物繋がりだということにしよう!と思います。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

ごほごほ

ここへきて風邪っぴき。
新年早々、会社休んじゃいましたよ(苦笑)

咳をしていれば、腹筋のトレーニングになるかなぁ。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

あけまして~

あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるかなぁ~。
友達に赤ちゃんがうまれたので、春頃会いに行きたいな。神戸なのでちょっと遠いけど、今年は奈良が遷都1300年だから、合わせて奈良にもいくぞう~!

蛍石はぼちぼちマイペースで見ていけたらいいかな~と思います。鉱物趣味っていうのも息の長い趣味ですからねぇ。
今年は本職を地質調査から変えよう!という大きな出来事を控えているわけですが、変わらず鉱物は眺めていたいです。

 

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »