« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

技術士ジャーナル

7月~8月1日の間に、コンサートへ行くこと4回。映画鑑賞は2回。
日食で会社をサボり、
地質調査技士の資格試験日は等身大ガンダム見学を兼ねる…。
さらに、不可抗力だけど、子ども会行事で会社を抜けること数回。
その上、今読んでいる本は「天皇家はなぜ続いたのか」。。。
  ↑これ以上無いくらい、技術とも国土交通行政とも建設業界とも関係ない。

とても、技術士2次試験を控えた人間の所行ではないです。。。

これはいかん!

ということで、ヤル気を外から注入して貰おうと、当社技術顧問(技術士:応用理学部門)のところにヘロヘロお話を聞きに行きました。
顧問はパワフルで好奇心旺盛、向学心もとても高い…という方なので、元気を貰えるかなぁ~と。

すると『もう、試験直前じゃないか!』ということで、(←もっともです(汗))
『とりあえず、今、技術士会が何に注目しているか分かるから、コレを読んでおきなさい』
と、技術士会の機関誌(?)である「技術士 IPEJ Journal」の1月号~7月号を貸してくださいました。
『全部読まなくて良いから、中の技術者倫理シリーズだけよんで。』

これが………
意外に面白い!!

毎号違う方が筆者となって語っているのですが、ひと口に倫理と言っても、その切り口が「少子高齢化」だったり「企業教育」だったり「歴史と経験」だったり本当に様々。

それにしても、現役技術士の方達も、本来こうあるべきというか、こうありたい!という理想と、非常に厳しい現実とのギャップに問題意識を持っていて、それぞれの方がそれぞれの立場から、考えを持っているんだなぁ…と、
つまり、技術士試験という壁の向こう側にも『変わらない現実』があるんだなぁと思いました。

壁の向こう側にも、改善していかないといけない現実が横たわっているのなら、やはり常々言われているとおり“技術士試験合格”は目的ではなく途中過程であって、わたしは試験を受けないといけないんだと腹を決めることができました。

とりあえず、試験はサボりません。←結論がその程度(笑)

…でも、正直な話、こういう本を読んだり、技術士の方とお話ししたりすると、「自分も仲間に入りたい!」って思うんですけどね。。。難しいのかな。

 

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

技術士って何だろう

今週末は、娘とクラシックコンサートだ!!楽しみだ!!

……と言いたいところですが。

その翌日に技術士2次試験(号泣)

サボろうか…という誘惑が既にムクムクと芽生えています。
でも絶対に翌日、『どんな問題が出た?』とか上司に聞かれそうだから、行かないわけにはいかないです。

皆さん冬頃から試験の準備を始めるそうですが、今回私は昨日まで全く何もしていませんでした。今回で3回目の受験ですが、一番何もしていないのではないでしょうか。

 
根本的なヤル気の問題ではありますが、仮に技術士になれたとして、その後のビジョンが描けなくなってきています。
これでも、大学在学中や社会に出たての頃は、いずれ技術士の資格を取って、それまで学んできたことの恩返しを社会に対してできたら…と思っていました。いや、マジで(苦笑)

(私立大学の学費(理系)が120~130万くらいするのに対し、国立大学は50万ほど。残りの足りない分は税金でまかなわれているコトを自覚しろ!と、指導教官が言っていたのをよく覚えています)

 

しかし、最近はそのように感じられなくなってきました

技術士試験のサイトなんかを見たりすると、『正義漢になれ』とか『建設業界として社会に何ができるか、常に考える必要がある』とかいう趣旨を読み取ることができます。
全くその通りだと思います。仮に世の中が「建設業界はダークだし」と、そのような社会貢献を期待していなくても、わたし達は社会に何ができるのか模索し続けなければならないと思います。

困ったことです。なぜそのように考えられなくなったのでしょうか?
また、これはわたし個人だけの悩みなんでしょうか?それとも業界全体の若手共通の悩みなのでしょうか?まさか両方とか??それすらも分からないです。

 
先にも書いたとおり、試験をサボるわけにはいきませんが、実際のところ、わたしには受験資格がないなぁと思います。……まぁ、こんな人間が合格するほど甘い試験でもないので、不合格になってお終いなだけですが。

 

そういえば、わたしの受験しなかった昨年の試験問題に、

『我が国の公共事業は、近年、縮小傾向にあるが、このような状況が、建設分野における技術力の維持及び向上に与える影響とその課題を挙げ、今後とるべき方策についてあなたの意見を述べよ。』

という問題があったそうですが、本当の意味での答えをわたしには答えられないなぁと思いました。まぁ、表向きどんな模範解答があろうとも、実は、最終的には携わる者1人1人の気合いや夢、志の問題に帰結するのだと思いますが(苦笑)

 

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

ストレス解消の方法ないかしら。

昨日は、幼なじみに誘われて新居昭乃さんのライブに行ってきました。
ふだんコンサートといえば、クラシックばかりなので、とても新鮮でした。

また、新居昭乃さんといえば、私自身は映画『ウインダリア』のテーマ曲やロードス島戦記の音楽くらいしか知らなかったのですが、懐かしいことにロードス島の「Adèsso e Fortuna ~炎と永遠~」も歌われたりして、すごく良かったです。何年ぶりに聴いただろう~。でも、歌詞とか覚えてるもんですねぇ。

 
7月下旬~8月いっぱいにかけては、技術士の試験があったり、あまり好みでない仕事の工期が迫ってたり、お盆は帰省しなくちゃいけなかったり、子ども会のラジオ体操の係があったり、子供のドッチボール大会の役があったり…どうも『イマイチ気乗りしない』出来事が重なるのですが…。

 
うん。音楽でも聴いて、上手く気分転換をはかっていけたらいいなぁ。。。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

日食~

日食,あいにくの天気でしたね。。。

でも,とりあえず,雲越しに日食見ました!!!

0907221057
 ↑
あきらかに電線の方にピントが合ってます(笑)
2009年7月22日午前10時57分

0907221101
 ↑
もはや,日食なんだか三日月なんだか分からない感じ(笑)
あ,欠けてる方角が右側だから,もうちょっと言うと,三日月じゃなくて下弦と晦の間くらいみたいな。。。
2009年7月22日午前11時01分

0907221106
 ↑
自宅周辺は雲が厚く,太陽の位置が分からなかったので,雲の薄いところを探し求めました。
それで,自宅から離れたところで見てました。


0907221047
 ↑
一時,まぶしかったときに太陽グラスを使ってみたのですが,
カメラ用フィルターじゃないんで,片手でデジカメの前にグラスをかざして,もう片方の手でシャッターを押して…とやっていたら,みごとにブレました。
2009年7月22日午前10時47分
ん~~~~。まぁ,欠けているのが分かると言えば,分かるような…。

……いや。火の玉だな,コレ。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

日食(号泣)

明日の日食,日食グラスも用意して楽しみにしてたのに,関東の天気予報は雨ですか…

雨………(号泣)

金に糸目をつけないなら,朝イチの新幹線か飛行機に飛び乗って,晴れてる九州まで日帰り旅行を敢行すれば良いんでしょうが,さすがにそこまでは…。お金は貴重です(泣)
くぅ。エリカさまとちがって,こっちは貧乏なんじゃい!!(怒)

次回の金環食にかけるしかないのでしょうか…。うぅ。それでも,明日,会社休みます。確率はゼロではないわ!!

夕方です。子ども会の集まりがあるので、早くうちに帰ってきました。
で、集まりも終わって、家でテレビを見てたら、何か関西の方はえらい豪雨と土砂災害ではありませんか。。。
もしかして、日食どころではない…?

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

蛍石(アメリカ)

Dsc06005 Dsc06003 Dsc06133 Dsc06020

Elmwood Smith Co., Tennessee

溶けちゃって,ギザギザの峡谷になってます。
しっかり結晶が残っている部分は↓水かガラスのように透明です。向こうが完全に透けてます。

Dsc06009 Dsc06018

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

とりあえず行ってきました。

ガンダムじゃなくて資格試験の話。

今年は技術士2次試験だけじゃなく,地質調査技士の試験も申し込みました。

地質調査技士の方は5年ごとの更新制だし,お金かかるから今まで受験しなかったんですけど,さすがにいつまで経っても技術士取れそうにないし(汗),地質調査技士の資格を持ってないって言うのも微妙な感じになってきたので(泣),こっちも受験しました。

あー。とはいえ,こちらだって受かる保証はこれっぽっちも無いのですが…っていうか,むしろ…たぶん落ちた(号泣)

試験日は先週の土曜日。東京会場(有明)で受けてきました。
上司も一緒に受験したのですが,わたしとしては技術士2次試験以来2年ぶりの“試験”です。それなりにがんばった帰り際,疲れていたわたしに上司の言葉は…

『ガンダムはどこだ?』
爆笑。
そう。ちょうど試験日と同じ日から公開だったんですよね。

音無「ガンダムはお台場なので,ゆりかもめに乗っていかないと…」
上司「なんだ,ココじゃないのか」

上司の帰りは台場とは反対方向だったので,さすがに回り道してまでは見るつもり無かったようです。
でも,わたしは通り道だったので(疲れてたわりに)途中下車してみてきました。

Ts370322 Ts370321 Ts370318 Ts370324

公開初日だっただけあって,それなりにお祭り騒ぎでした。ショップは90分待ちとか言ってるし,おいしそうな屋台の匂いは漂ってくるし…。
上の写真。それなりにひらけたところに立っているように見えますが,ガンダムが立っているのは森の中です。だから,結構すぐ近くにまで行かないと姿を認められませんでした。
ゆりかもめの車中(台場駅-船の科学館駅の間)からは見えたんですけどね~。

4枚目は,近くの道路を走っていたトレーラー。帰ろうと思って台場駅へ向かっていたら,でっかくダブルオーの音楽が流れてきたので,何事かと思ったらこのトレーラーでした。ガンダムダブルオーの宣伝。



ちなみに,試験の方。
なんと前日の山勘が丸当たりしたにもかかわらず半分間違えました
なぜかって。。。
「“標準貫入試験とか現場透水試験の留意点と対策を書け”とかって問題出そーだよねぇ~」と言いつつ,言っただけで何の勉強もしていかなかったからです。

いえ,一応全部,解答用紙は埋めましたが。。。
音無「えっと,標準貫入試験の留意点は…ハンマーで手を挟むとか,しんや棒が折れちゃうとか,劣化でハンマーの重さが規定より軽くなっちゃうとか…」
先輩「なるほどね~。間違ってはいないけど,やっぱ標準貫入試験での留意点は,スライムの除去でしょ」
音無あっ!!!………忘れてた」

↑午後の部の動態観測の問題も含め全部こんな按配。“間違ってはいないけど,ポイント外してる”感じ。四択問題がいまひとつだったので,筆記問題で稼がないといけないのに…。

うー。だってだって,うちのYさん(←当社エースのオペさん),スライム除去なんて言われるまでもなく始めから完璧だもん。いつもペネ試料にスライムなんてほとんど入ってないもん(泣)

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

受験票…とほほ。

忘れていましたが,何だかんだで申し込んだ技術士2次試験の受験票が届きました…。届いてしまいました(泣)
昨年は受験しなかったので2年ぶり。

技術士試験のこと何てすっかり忘れて,試験日の前日,クラシックコンサートに行く予定を入れてしまいました。翌日試験だと思ったら,音楽を堪能なんてできませんよ。。。とほほ。

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

蛍石の立体視…

Dsc06121


先日,ブログの記事が700件を越したのですが,
今回は『↑上記の写真で,ブログにアップした画像数がきっかり900枚目!!』です。

平行法の立体視ができるようになっています。だからって,あんまり意味無いですけど。
…ちなみに,わたしは裸眼では立体視できません。立体視用の機械(しかも携帯版)を使ってます(泣)

立体視する時って,最初,“ぼーっと遠くを見るようにする”って言いますよね。でも,どうしても画像にピントを合わせちゃうんですよ。わざわざぼかして画像を見ることができないです…。あうぅ。

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

蛍石でも模写…とか。

地盤工学会で絵画コンクールをやるようです。
テーマ「地盤」に関するもの。
娘はこういうの応募するの好きなんですが…


なんと,地盤工学会は太っ腹!賞金が出ます!!


賞金。

…………いやムリだから(笑)

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

蛍石(アメリカ)

Dsc06086 Dsc06067 Dsc06066

Walworth Quarry,
Walworth, New York, USA
結晶サイズ13mm

記念すべき700件目の記事です。700件目は一応蛍石で。。。
この標本は蛍石の中に硬石膏が入っています。黄色いのは方解石です。この子も新宿ショーで求めてきた標本です。

この子はあらかじめ標本屋さんのネット上で目を付けていたのですが,新宿ショー,初日とはいえ午後からの参加でしたから,売れてしまっても仕方ないなぁと思っていました。
が,お店の他の常連さん達は「ニューヨーク産はもう持ってるし」と連れて行かなかったようで,この標本くんは,わたしが来るのを待っていてくれました。

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

方解石・蛍石(アメリカ)

Dsc06000 Dsc05994 Dsc05999 Dsc05995 Dsc05996

Sub-Rosiclare Level, Denton Mine,
Southern Illinois, USA
35×25×20mm
1992年産

方解石と蛍石です。
方解石がテカテカと華やかです。小さい方解石なんて水滴のよう。
蛍石の方は方解石の母岩状態という感じの標本ですが,以前アップしたデントン産の標本とはちょっと趣が違って面白かったので,うちに連れてきました。

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

盛土材はなんだろう~

会社,結構ヒマです。…いや,かなりヒマです。そろそろ,受注があっても良い頃合いなのですが…。
前年度末に入ったお金が尽きたら,つぶれるんじゃないかしら…(苦笑)

あまりにヒマなので,テレビネタで盛り上がっています。
先週,噂の東京マガジンでやっていた「漏水による建物の不同沈下」。わたしは番組を見なかったのですが,皆で古い地形図を持ち出したり,周辺の地質を調べたり,ハテは現場を直接見に行っちゃったり…(←迷惑な野次馬ですね。好奇心だけは旺盛)。
仕事でもないのに,若手から年寄りまで「原因はなんだ,かんだ」と騒いで過ごしています。技術バカ。。。

はぁ。ヒマです。
勉強でもしよう…。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »