« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

蛍石(フランス)

Dsc05752

Tran, Midi-Pyrenees, France
結晶サイズ5~7mm

全体にちっちゃい標本で,上写真の通り,結構ボロボロな標本くんです。結晶の角や稜の部分も欠けてたりします。
その分,お子様のお小遣いでも手に入れられるくらいの値段でした。


Dsc05756

 ↑
でも,見る角度をちょっと変えると,とても綺麗な標本に早変わりです。
共生している水晶が良い味を出しています。


Dsc05760

 ↑
しかも,案外,透明度も高いです。

Dsc05767

 ↑
さらに,累帯構造もばっちり。熱水の温度や成分が変化して,結晶の出来ていく過程を感じられます。


自然というのは不思議なもので,どんな些細な造形物(標本や露頭)でも,何かを語りかけてくれるようです。
こういった“何か”を感じ取れるようになりたいです。

…というか,最近,仕事を進める上で“違和感”に対して鈍感になってきているように感じます。ん…いや,ちがうかな。違和感は感じるんです。でも,その違和感を信じられなくなってる…というか。“違う”と分かっているのに,そのまま業務を進めてしまうというか…。
地質調査というのは自然を相手にする仕事ですから,これは危ういことです。

自然のシステムは複雑すぎて,わたしでは全体の詳細を把握することは出来ませんが,それでもモデル化すべく概要を把握していかなくてはいけません。
鉱物の標本というのは,自然の縮小版です。どうか小さな声も逃さず耳を傾けられるようになりますように。。。
 

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

蛍石(中国)

Dsc05729 Dsc05736
Dsc05743

hunan, china
蛍石サイズ10mm

蛍石自体は、何のへんてつも無い蛍石らしい蛍石です。(←身も蓋もない(苦笑))
えーとですね、母岩がですね。雲母びっしりなんです。びっしり!

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

リチア電気石とマイクロ石(アフガン、ブラジル)

Dsc05714 Dsc05710

Microlite mine,
Pech Valley, Kunar, アフガニスタン
長さ23mm 0.5mm

全体が透明で先端がグリーンのリチア電気石です。
根元にマイクロ石♪

 

Dsc05722 Dsc05721

Sapo mine, Goiabeira, Minas Gerais, ブラジル
長さ14mm

インディコライトのリチア電気石くん。

 

Dsc05725

Morro Redondo, Minas Gerais, ブラジル
長さ17mm 太さ4mm

グリーンとピンクのリチア電気石くん♪

 

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

菫泥石(トルコ)

Dsc05700 Dsc05696
Dsc05701 Dsc05702

Kop Krom mine, Kop Dagiari
Erzurum, Turkey
45×50×30mm(結晶サイズ、最大で4mmほど)

菫泥石です。
以前にも、ロシア産の菫泥石をアップしたことがありますが、
http://fluorite.air-nifty.com/ki/2008/08/post_1aa9.html
  ↑
このときの標本君と比較すると、ずいぶん色が赤いです。
赤紫色!!
娘曰く、『友達の家でもらったグレープジュースみたい』とのこと。そんな色です♪

 

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

行方不明…

下の緑鉛鉱の写真を撮ろうと思ったのですが、標本箪笥(洋服ダンスを占領中)の中に居ないんです。
どこに散歩にいったんだろう…?

↓この写真は、ファイルの日付を見たら2002年になってましたんで、手に取ったのはその頃が最後かしら!?(普段、標本ひとつひとつは小箱の中なので。。。)

Ryokuenko1

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »