« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

説明と理解

上司が目の治療で“治験”に参加することになったそうです。
いや,参加することにした…というべきかしら。。。


この上司,普段は結構ずぼらというか大雑把なところがあるのですが,やはり人間というのは色々な面を持っているもので…。前回入院されたときは,そのときの内容を詳細にメモしていらっしゃったんですよ。
目の手術で入院したくせに,パソコンでびっしりメモ。(笑)

“後学のために”とわたしもそのときのメモファイルをいただいたのですが,これが本当に詳しい!
薬の内容や先生・看護師さんとの会話内容はもちろん,食事のメニュー,トイレに行った時間から同室の方達の病状・動向まで分単位で書き込まれています。
観察した結果として,医療現場の問題・課題を患者の立場から分析してるし…。
(別の上司Nさん曰く『イヤな患者だ(笑)』)

いや,でもすごく勉強になりました。


そして,今回は治験。

説明用の書類一式を,やはり“後学のために”と拝見したのですが,なかなか興味深いです。←理系バカの不謹慎さですね。
ただ,ちょっと疑問に思ったのは,なんだか説明が理系チック。
わたしはたまたま知ってる話ばかりだったので良いのですが,コレ,普段理科系の知識と関係ないところにいる人は,この説明で分かるんでしょうか?

あー。
薬の名前とその効果,副作用,対象の病名,対象者数,治験期間,いつでも参加を辞められる等々,分かるのは分かるんですが,“その治療法を使うとナゼ症状が改善されるのか”という部分が曖昧だった気がします。

むかーし,妹が入院したときのことを思い出しました。
妹のかかった病気は(当時の)新しい病気で,お医者さまが病気の内容や治療方法について説明してくれるんですが,両親はあまり理解できなくて,いちいちわたしの方に質問してきたんですよ…それを思い出しました。

まぁ,今はネットがあるから情報には困らないんですけどね。ただ,ネットはあまりにも情報が溢れすぎているので,場合によっては正反対の情報だって載っていることがある。ベースとなる知識があれば,どの情報が正しいのか取捨選択することが出来るけど,リテラシーがないと,『恣意的に欲しい情報を選んでしまう』という懸念があります。少なくとも,わたしは自分自身の健康に不安を抱いたとき,自身の状況について冷静な選択・判断を出来る自信はないです。
だから,お医者さまの説明ってとても重要だし,また,わたし達自身も,判断の基礎となる科学リテラシーをさらに身につけることが出来たら…と思います。

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

蛍石(フランス)

Dsc05752

Tran, Midi-Pyrenees, France
結晶サイズ5~7mm

全体にちっちゃい標本で,上写真の通り,結構ボロボロな標本くんです。結晶の角や稜の部分も欠けてたりします。
その分,お子様のお小遣いでも手に入れられるくらいの値段でした。


Dsc05756

 ↑
でも,見る角度をちょっと変えると,とても綺麗な標本に早変わりです。
共生している水晶が良い味を出しています。


Dsc05760

 ↑
しかも,案外,透明度も高いです。

Dsc05767

 ↑
さらに,累帯構造もばっちり。熱水の温度や成分が変化して,結晶の出来ていく過程を感じられます。


自然というのは不思議なもので,どんな些細な造形物(標本や露頭)でも,何かを語りかけてくれるようです。
こういった“何か”を感じ取れるようになりたいです。

…というか,最近,仕事を進める上で“違和感”に対して鈍感になってきているように感じます。ん…いや,ちがうかな。違和感は感じるんです。でも,その違和感を信じられなくなってる…というか。“違う”と分かっているのに,そのまま業務を進めてしまうというか…。
地質調査というのは自然を相手にする仕事ですから,これは危ういことです。

自然のシステムは複雑すぎて,わたしでは全体の詳細を把握することは出来ませんが,それでもモデル化すべく概要を把握していかなくてはいけません。
鉱物の標本というのは,自然の縮小版です。どうか小さな声も逃さず耳を傾けられるようになりますように。。。
 

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

申込み〆切はGW明け

技術士試験の申込期間に突入しています。
しかしまだ,申込書を取り寄せていません。

どうしたものか?
むーーーーーーーーーーーー。

もしも申し込むなら、建設部門(土基礎)で申し込みたいところですが、どうも会社は応用理学(地質)で受けて欲しそうだし…。
↑会社が受験費出しても良いって言ってるんでねぇ…。

当社の応用理学の社員がもう年配なので、まだ人員のいる土基礎よりも応用理学を補充したいという意図は分かるのですが…。

ってか、それ以前に立ち向かう意力が………。上司はスルーを決め込むつもりらしいし。
皆さんって、どのように気力を維持しているのかしら。。。

 

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

蛍石(中国)

Dsc05729 Dsc05736
Dsc05743

hunan, china
蛍石サイズ10mm

蛍石自体は、何のへんてつも無い蛍石らしい蛍石です。(←身も蓋もない(苦笑))
えーとですね、母岩がですね。雲母びっしりなんです。びっしり!

| | コメント (0)

メモ- フランス 蛍石鉱化作用時期

自己メモです
ttp://www.springerlink.com/content/ydq18r2vp464npnn/
フランス 蛍石鉱化作用
Sm-Nd同位体 111Ma前後 大西洋の拡大?

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

春とんで夏

先日、和光理化学研究所の一般公開に行ってきました。
何だか,もはや我が家の恒例行事とかしています。

娘はもっか磁石だの電気だのに興味があるようで,磁石のクイズに答えて磁石博士認定の賞状を嬉しそうにもらっていました。

Dsc05747

↑理研の中にあったナゾの五重塔。
お賽銭が置かれているのが微笑ましいです。

Dsc05749

↑ちょうど満開で綺麗でした。

ところでソメイヨシノはとうに散ってしまいましたが、
「桜が咲くと春だなぁ~と思うけど,最近は咲くのが早いかな?」
と娘に話をしたら,
娘「桜が散るとだなぁ~と思うよ」
とのこと。

え?はやっ!!!

「だって,暑くなるじゃん」

いや…そうだけど。。。いや。。。梅雨はどこに?(笑)
…娘たちの世代の季節感はそんな感じなのでしょうか?

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

アリから見れば巨晶だらけ

昨晩のNHK!
巨大結晶!!!

見たかったんですよぉ~~~。うちはBS見られないので、以前BSで放映されたときは涙をのんだのですが、地上波でも放映してくれて良かったです。

一目見て石膏だぁ~!と思いましたが、いやいや、桁違いにおっきかったです。巨晶の森を描いた小説や絵本はありましたが、れっきとした現実、実物ですもんね♪
そういえば、『コア』って映画でも、マントルまでもぐっていく途中で、巨晶がありましたね。
現実の巨晶の森だって、他にもあるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

予約待ち

本を読みたい!

と思うのですが,図書館は『予約待ち』が多すぎです(号泣)
今,読みたいと思っているのは,「動的平衡~生命はなぜそこに宿るのか」という本なのですが,予約待ち人数,現時点で56人…。(隣接する他市の図書館で蔵書検索したら,予約待ち人数はどこも3~4人でしたよ。市の規模は大きければ良いというものではないですね)

前回,「人間の境界はどこにあるのだろう」という本を借りたときより多いです。前回は結局半年待たされたんですよねぇ。。。

買った方が早いんだけど…。買おうかしら。。。
むやみやたらに本を買ってしまうので、本屋さんに近づかなくなったら、ホントに本を読まなくなってしまいました。むう。

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

事故にならず不幸中の幸い

お家に帰ってきて自動車を降りたら、勝手に車が走り出しましたっ!

『えぇ~~~っ!?』

それはもうビックリしました!!
何事が起きたのかと思ったら、ギアがドライブに入ったままでした(驚愕)

 

何だってわたしはその状態で車を降りようと思ったのかっ!?
自分のことながら信じられません。

とりあえず、体で車を押さえて、車内に手を伸ばしギアをパーキングに入れました。。。
(褒められたことではありませんが)停車&駐車のための動作なんて、何も考えなくても体が覚えているはずです。なのに、なのに……何で?
自分で気がつかないだけで、実はちょこっと疲れてるのかな…?(汗)

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

リチア電気石とマイクロ石(アフガン、ブラジル)

Dsc05714 Dsc05710

Microlite mine,
Pech Valley, Kunar, アフガニスタン
長さ23mm 0.5mm

全体が透明で先端がグリーンのリチア電気石です。
根元にマイクロ石♪

 

Dsc05722 Dsc05721

Sapo mine, Goiabeira, Minas Gerais, ブラジル
長さ14mm

インディコライトのリチア電気石くん。

 

Dsc05725

Morro Redondo, Minas Gerais, ブラジル
長さ17mm 太さ4mm

グリーンとピンクのリチア電気石くん♪

 

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

先手を取られた…というか

地盤●学会の関東支部で、ロームの研究委員会ができるのだそうで、学会のメルマガにアナウンスがありました。
仕事がらロームに接する機会は多いので『へぇ~♪』ととても興味を持ちました。いろいろロームは興味深いんですよね。とくに力学的特性とか!仕事しながら『これは何でだろう~?』と思うことがときどきありますし。
あ、そうだ!顕微鏡でのぞくと鉱物結晶もきっと見えますね☆

とはいえ、普段、学会は幽霊会員を決め込んでいるので、どんな人たちがどんな風に委員会を進めているのか全く知りません。。。

 

と、そこに、昔から同学会の会員をやっている上司が通りかかりました。

音無『Wさん!学会のメール、ご覧になりましたか?ロームの研究委員会ができるんですねっ!こういう委員会って、どういう風に運営されてるんですか?』
Wさん『いや、うちの会社にはそんな余裕は無いから!…それじゃお疲れ。』

誰も参加したいなんて言って無いですよ!……面白そうだけど(泣)

委員会の終わる3年後には、活動報告会をやるだろう…とのことなので、それは絶対に聞きに行きたいです(号泣)

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

菫泥石(トルコ)

Dsc05700 Dsc05696
Dsc05701 Dsc05702

Kop Krom mine, Kop Dagiari
Erzurum, Turkey
45×50×30mm(結晶サイズ、最大で4mmほど)

菫泥石です。
以前にも、ロシア産の菫泥石をアップしたことがありますが、
http://fluorite.air-nifty.com/ki/2008/08/post_1aa9.html
  ↑
このときの標本君と比較すると、ずいぶん色が赤いです。
赤紫色!!
娘曰く、『友達の家でもらったグレープジュースみたい』とのこと。そんな色です♪

 

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

行方不明…

下の緑鉛鉱の写真を撮ろうと思ったのですが、標本箪笥(洋服ダンスを占領中)の中に居ないんです。
どこに散歩にいったんだろう…?

↓この写真は、ファイルの日付を見たら2002年になってましたんで、手に取ったのはその頃が最後かしら!?(普段、標本ひとつひとつは小箱の中なので。。。)

Ryokuenko1

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

阿修羅展と財布状況

いやもう,時間経つのが早いこと…

鉱物の写真を撮ったりもしているのですが,パソコンの方に持ってきてファイルサイズ落とすのが面倒くさくてそのままです。。。

 
 
昨日。北朝鮮のロケットが打ち上げられましたね~。人工衛星は失敗だったみたいですが。

ちょうどその頃,わたしは上野で国宝阿修羅展を見てました。
まだはじまったばかりで,さらに桜の時期でもあるし,それなりに混んでました。再来週あたりに行けば良かったかな。

無料で配布されてた解説紙はとても貧弱でしたが,一応音声ガイドがありました。が,500円取られる!

旦那「音声ガイドあるみたいだよ。声が黒木瞳だって」
音無「別にいいよ。500円も取られるじゃん」
旦那「だって,黒木瞳だよ?」
音無「別に黒木瞳興味ないし。借りるの?」
旦那「いや。オレも別に黒木瞳,興味ないし。“○○だったぁ~”とか,自分で選べればいいのにね」
音無「あぁ,ウルルン風とか情熱大陸風とか,いくつかパターンが用意されてて自分で選ぶの?」
旦那「そうそう!」
うん。そんな音声ガイドだったら,絶対借りる!

あと,恐竜展にも,アーツ&クラフツ展にも行きたかったのですが,娘の気分が悪くなってしまったので,阿修羅展ひとつで断念でした。

ショップで阿修羅って名前のお香とか興福寺の線香だかお香だか…が売ってたので,買いたかったのですが…
なんと,そのときお財布には数百円しか入ってなかった!
うん。恐竜展もアーツ&クラフツ展も,金欠でフツーに入場不可能だったんじゃ…。

い,いや!
例え手数料取られてもコンビニ行けばATMがあるし…(汗)

はあぁぁ。。。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »