« 驕り | トップページ | そり »

2009年2月22日 (日)

説明してみること

鉱物がみたい。さわりたい。

でも、まだまだ、年度末が続きます。

たくさんの人に教えてもらったりして続けている今の業務。
とはいえ、社内ではひとりで作業しています。(何しろ社内にはPCスキルのある人がいない)

普通のボーリング調査業務の場合、たいていは主任技術者と現場代理人の二人ひと組で作業を進めます。結果的に実務を進めるのは若手側の一人だけでも、主任技術者が一応状況を把握していてチェックするものです。
っていうか、チェックする時間が取れなくても、定型だし。。。

ところが、わたしはあまりこういう定型業務をやらせてもらえません。なので、社内では一人黙々としていることが多いです。…さみしいです。。。

…じゃなくて。

一人だとチェック機構が働かないのですよ!!

他の人に見てもらっても、文章の誤字脱字とか、てにをはを見てもらえる程度。それぞれの人が、それぞれに忙しいので、いちいち、わたしごときの内容チェックまでできないのです。

最終的には社外にいる人に校正してもらうんですけどね。校正は完成させてからだから。その間のアドバイスが欲しい。

ところで。
昨日は小学校が休みで、娘が会社に遊びに来ました。っていうか、わたしが仕事をしている間、本を読んだり勉強したりしていました。
で、帰り際、娘に今やっている仕事の説明をしてみたのです。

子供ですから、分かるように一切専門用語無し。(あれ?これって、守秘義務違反かな?)

すると、その過程で

『あ!この内容、書くの忘れてた!!!』

と気がついたのです。

実際問題、工期は目前、自身の能力的にも一杯一杯で、この機会がなかったら、絶対に思い出すことはできなかったと思います。

説明してみること。
一人ではないこと。

とても重要なことです。

今朝の出勤時、娘からのひと言

『今日、会社に行ったら、わたしの教えてあげた図面、ちゃんと作るんだよ~(笑)』

|

« 驕り | トップページ | そり »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驕り | トップページ | そり »