« 逃避という名のアクセスランキング | トップページ | 蛍石(日本) »

2009年2月 9日 (月)

猫の手

今さっき電話が鳴った。

音無『はい。●●(←会社名)です。』
相手『………ボソボソ……』

全く聞こえない…。
前にもちょっと書きましたが、わたしはすこぉ~し耳が遠いです。

音無『(もう一度)●●(←会社名)ですけど~』
相手『………ボソボソ……』

少し聞こえた。誰かが何かを言ってる。
声は少し、知ってる設計屋さんに似ている気がする。(わたしが担当の設計屋さんじゃないので、確信はないけど)
でも少し様子がおかしい…?うん。イタ電?

音無『申し訳ありません、電話が遠いようなんですけど』
相手『………奴隷にしてください!』

良かった、聞こえた!!(笑)

音無『あぁ…奴隷ですか?』
相手『はい!そうです。奴隷にしてください。何でもします』

じゃぁ、仕事手伝って!

と心底思ったのですが、仕方なく

音無『申し訳ありません。ただいま、アルバイトの募集はしておりません』

あぁ、貴重な猫の手を自ら断ってしまった。。。
微妙に後悔の念があるのはナゼかしら。

後ろで仕事している上司に言ったら、
「手伝って貰えば良かったじゃん」
だそうです。

|

« 逃避という名のアクセスランキング | トップページ | 蛍石(日本) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逃避という名のアクセスランキング | トップページ | 蛍石(日本) »