« 蛍石(アメリカ) | トップページ | どっちを受けようか? »

2008年10月14日 (火)

初めて扱うデータだし

ESRI社のシェープデータを使うことになったのですが、うちのような極貧中小の地質調査会社ではGISデータを扱う事なんて、普段は全くありません。
ってか、見たことすらなかったです。

どんなソフトで扱えるのか、ちょっとネットでみてみたら、GoogleEarthにプロットすることも出来るみたいですね。ん~。でも、このデータで図面を作りたいので、GoogleEarthにプロットできても…(笑)

結局、『Arcv2CAD』( ttp://www.guthcad.com/) という…(おそらく)フリーソフト(だと思う)を使って、DXFファイルに変換しました。
アメリカのサイトだったので、英語がほとんど読めず、本当にフリーかどうか分からないです(泣)
↑ほとんど理解できないまま、ダウンロード&インストールですよ。危険だ!!

できあがったDXFをAutoCADで読もうとしたら、『不完全なDXFですよ~』とエラーが出てファイルが開けなかったのですが、最近ちょっといじっているJWCADで読ませたら、無事ファイルを開くことが出来ました。
でかしたJWCAD!!

そして、すかさずDXFで保存し直しAutoCADへ…
スマンです。JWCAD。。。
このままJWで作業するには、(不慣れなため)効率が悪すぎるのです。

Arcv2CADで作成されたDXF…ちゃんと使える精度(?)で変換されてました。助かりました。ありがとう~~~♪

 

追記

GoogleEarthにプロットしてみました。
使ったソフトは、『shp2kml 』( ttp://www.zonums.com/shp2kml.html)というソフトです。ESRI社のshpファイルからGoogleEarthのkmlファイルが作れます。

ファイル名(もしくはパス?)に日本語があるとエラーが出るみたいですが、ファイル名&パスを英数字に変えたら無事変換できました。
アイコンの絵柄やアイコンサイズも変えられるし、良い感じです。

|

« 蛍石(アメリカ) | トップページ | どっちを受けようか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

シェープファイルの変換助かりましたよ!ありがとう!

投稿: おおお | 2008年12月 3日 (水) 09時09分

おおお様、どういたしまして~

投稿: 音無 | 2008年12月 3日 (水) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍石(アメリカ) | トップページ | どっちを受けようか? »