« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月22日 (水)

蛍石(ナミビア)

Dsc04760 Dsc04750 Dsc04758

Erongo Mtns, Namibia
結晶一辺13mm

よくある緑色の蛍石です.鉱物標本は会社から自宅に持ち帰るつもりだったのですが,何だかんだでコマゴマとした標本がまだデスクの上にあります.

 

先月,娘とサイゼリヤで熟成生ハムピザを食べたので,『メラミンでお金返ってくるかもっ!?』と意気込んだ(?)のですが…,財布を確認したらちゃっかりレシートが残っていました.日付が9月25日直前でした.ギリギリ対象外.今後,期間が拡大するかもしれないし,レシート残しておこうか? ←捨てなさい(苦笑)

はぁ.それにしても,イロイロいっぱいいっぱいです.英語で文章を書く必要が生じてしまって….英語が……あぁ,えいごがおそってくる……(うわごと)
だってですね.英単語ひとつを調べるのに一時間以上かかってしまったんですよ.(似たような単語がたくさんあって,どっちをつかうのが良いのか調べたりしてたら,時間ばかりが…)現時点で,予定がすっごいおしてしまってます...このあと,英語でabstractを書かなきゃいけないのかと思うと心がどん底です...(そこまで言うか)

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

蛍石(アメリカ)

Dsc05165 Dsc05166 Dsc05170
Rosiclare Level
Minerva Mine #1
Cave in Rock, Illinois
USA (1993年採取)
70×70×20mm(結晶サイズ18mm)

えぇと、ケイブインロックの蛍石です。
ここの産地は前にもアップしたことがあります。黄色&紫色の標本と水色で単結晶の標本です。今回はそれらの標本よりも色が淡いです。とても淡い水色です。個々の結晶をみると中心に紫色の部分もあります。

ぱっと見、そんなに劇的に綺麗な標本ではありませんが、とにかく透明なのが気に入っています。
氷…というより水のような感覚なのですが、どうすれば写真にその感覚をうつすことができるのか分かりません。3枚目は、蛍光灯に透かしてみた写真ですが、あんまり変わらなかったデス(泣)
ただ、結晶のカクカクした感じが面白かったので、アップしてみました。。。

久しぶりに棚の奥から引っ張り出したら、何やらうすく埃をかぶっていました。
↑うぉいっ!
こういう透明でツルツルな標本は、埃がつくととても目立ちます。だいたい、引き出しの奥に入っていたのに、なんで埃?うーん???

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

菱亜鉛鉱(オーストラリア)

Dsc05153 Dsc05152 Dsc05157

MMM Mine
Broken Hill, New South Wales
Australia
60×45×20mm(結晶サイズ10mm)

スミソナイトです。スミソナイトっていうと淡いピンクやグリーンのものをよく見ますが、この子は白いです。モノトーンなイメージが好きな標本です。

この産地は有名な鉛-亜鉛-銀鉱床だそうで、3枚目の写真のように、この標本も母岩が“いかにも”って感じです。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »