« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月27日 (火)

コバルト華(モロッコ)

Dsc04380 Dsc04382 Dsc04381 Dsc04384

Bou Azzer Mine, Morocco
25×20×10mm

コバルト華です。きれいな色です。
何やら,結晶の先がクニッと曲がっています。

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

蛍石(中国)

Dsc04405 Dsc04408 Dsc04413 Dsc04401

Yao Gan Xian Mine,
ChenZhou, Hunan, China
結晶の1辺10mmほど

ブーランジェ鉱や黄銅鉱が入ってます。
とても落ち着いた色合いです。普通にその辺に置いておくと灰色っぽく見えます。が,光に透かしたり光に当てると写真のように青い累帯構造が見え,結構にぎやかです。
結晶の稜や角はシャープでキリリッとしています。

 

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

かんらん石(アメリカ)

Dsc04388 Dsc04391 Dsc04393 Dsc04389

Arizona, U.S.A.
80×50×35mm

ペリドットです。
玄武岩中のノジュールです。
最近,コンビニのサンクスで『抹茶おこわ』というのが売ってたのですが…

Dsc04390 Dsc04386

…なんか,似てません?
似てると思うんです~(笑)

 

| | コメント (0)

2008年5月12日 (月)

オーケン石(インド)

Dsc04372 Dsc04375 Dsc04378

poona, India
晶洞サイズ110×35mm

最近は,本当にマッタリペースの更新です。
この子は,むかーし,凡地学で買った標本です。
分離品のオーケン石も持っていますが,この標本は玄武岩にある晶洞の中。。。
洞窟の中をのぞいていると,何だか世界観があって面白いです。

 

四川で大きな地震がありましたね。
中国というと,“国全体がユーラシアプレート上にあって,南からインドプレートがもぐりこんでいるため,チベットのあたりでプレート境界型の地震がおきる”…というイメージがありますが,それ以外の場所も活断層が多いようですね。
今回のも活断層型でしょうか?

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

蛍石(中国)

Dsc04360 Dsc04362 Dsc04364 Dsc04359

XieFang, Ruijin,
Jiang Xi Prov., China
75×45×25mm(蛍石結晶サイズ15mmほど)

蛍石です。
っておい、どんなコメントだ…。

……………。…中国っぽい石ですね。
…すみません。思考停止状態で、あまり考えられません。

 

全然関係ありませんが。。。
知り合いの技術士さんが、今度仕事で長野のほうに行くことになったそうです。
わたし『●●さん!そこって、確か近くに世界で一番新しい花崗岩がありましたよね!!採取してきて下さいっ』
技術士さん『あぁ、四紀の花崗岩があるところでしょ?あんな山の上にこんな新しい花崗岩があるなんて珍しいよね。でも残念。山ひとつ手前なんだなぁ~』
残念!残念!残念っ!!
とても自分の根性じゃ取りにいけませんから(ダメじゃん)

 

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »