« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

さくら

ようやく,仕事はひと段落…か?
という状態になりました...本当は,工期内検査だけやっちゃって,本文は4月に入ってから~というものが残っているのですが,3月に完全にあげなくてはいけない…という業務は大体終わりました.(←終わりましたも何も,3月だってもう終わりですが)

先週までは自分の仕事がてんやわんやだったので,他の人のCAD仕事を蹴りまくっていました.それで,上司の一人が自分でCADを弄りだしたのですが,やはりこういう作業って慣れがものを言うのですね...それはもう全然で….
先週までである程度自分の業務は終わったので,今週は他の方々の業務のCADオペをやっていました.そして,それもひと段落!

よしっ!わたしは遊ぶ!!あそぶぞ~~!!!

 
↓上司が会社近くの公園で拾った桜の小枝.上司いわく『水にさしとけばそのうち咲くだろう~』

Dsc03934

↓その夜.上の写真と同じ部分.『もうさいた!』
Dsc03937

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

無限回廊

昨日,ゲームの『無限回廊』を買ってきました。

エッシャーの絵が好きなので,面白そうだなぁ~と目を付けていたんです。
ところが,いざ始めてみると,なかなか要領を得られませんでして…。となりで見ていた小二の娘に『かしてごらん!!』とゲーム機を奪われて,クリアされてしまいました。。。ショック!!

しばらくやってコツを掴んだら,さすがに娘よりは上手くできるようになりましたが,この手の空間認識は軽々出来ていたいです。。。

| | コメント (2)

2008年3月21日 (金)

あんなに黄色くない…気がする。

昨日のナミビア産の蛍石。

自宅で写真を撮ってブログにアップしたんですが、今、会社でこの写真を見てみたら、雲母がずいぶん黄色く写ってるのでびっくりしました。自宅PCのディスプレイでは全然気がつきませんでした…。

う~ん。ちゃんと色合わせしていないので、会社のディスプレイと私物ノートPCとでは結構色写りが違います。自業自得ですが、しばしば驚かされます。。。
 

さて、何か文章を書こうと思って、さっき、ココログにログインしたのに、眠くて何を書こうとしていたのか忘れてしまいました。う~ん。う~ん。う~ん。ま、いいか。

Dsc01029

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

蛍石(ナミビア)

Dsc03899 Dsc03897 Dsc03896

Erongo Mtns, Namibia
40×30×30mm(結晶サイズ10mm)

雲母の中の蛍石がなかなかきれいです。
ナミビア産は色味が微妙なものが多いので、不思議な感じがして良いですね。

 

ひそかに、この記事できっかり500件目です。日記とかって長続きしないタイプなので、まぁよく続けてるな…と思います。特に抱負とか無いですが、まったり続けられたらいいかなと思います。

 

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

がんばれ!

年度末が見えてきたと思って、この土日ユルイ仕事をしていたら、週始めにして一気にヤバヤバムードに突入しました。。。そう。こういうときに限って飛び込みの仕事があったりして。だから、気を抜かないでやれることは早めにやっておくべきだったのですが…

毎回毎回、自分、学習しないです。

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

もうすぐ理科が始まります

娘は小学二年生。今は小学1~2年生では理科をやらないんですね。
それで娘に『理科は楽しいぞ~♪面白いぞ~』と洗脳しているのですが、その甲斐あって、娘は『はやく理科がやりたい~』と三年生になるのを待ち望んでいます。

が、本当に理科が楽しいという保証はない…わけです。

実際、私は小学校の頃から、『将来は科学者になりたい!』というくらい理科大好き人間だったのですが、学校の理科はたいして好きではありませんでした。
ですので、もう少しで娘が三年生になる…というここにきて、少し不安になってきました。

やっぱり、初めにあんまり期待させるのは良くなかったかなぁ。。。(でも、先入観という名の第一印象も影響力大きいと思うしなぁ)

Dsc00928

↑宮崎県の高千穂。ここへ行ったときは、東国原さんが知事になる前で、まさかここまで宮崎県がメジャーになるとは思っていませんでした。
ここには柱状節理(と神社)を見に行ったんですが、以来、娘は縦に割れた亀裂を見ると『柱状節理あったよ~♪』とわたしに教えてくれます(笑)。

わたしなりに、実際の自然と机上の理科が密接にリンクしていること(←当然ですが)や、分からないことを知った時のワクワクが伝えられたら…と思うのですが、気ばかり急いてしまってダメですね。
当時、上司に『柱状節理をみせてきました!』と言ったら、笑われてしまいました。
(ちなみに、別の上司には『え~?柱状節理なら玄武洞でしょ?』といわれました。はい。そちらも行きたいです。いずれ行きます。(高千穂には神話ゆかりの地に行きたいという目的もあったんですよ~))

 

| | コメント (0)

2008年3月13日 (木)

クロム白雲母(イタリア)

Dsc03888 Dsc03882 Dsc03890 Dsc03885

Pollone,Piemonte,Italy
75×50×20mm

緑色がクロム白雲母で、暗銀色が藍閃石です。

雲母。。。なんだか、いかにも青のりっぽいですが、それなりに透明だし綺麗です。
この標本ってどうしても青のりを連想してしまうので、いつも『青のりくらいの硬さ』を想像しながら触っちゃうんです。そうすると、思いのほか硬い。。。まぁ、所詮雲母ですから、たかが知れてるんですが、青のりよりは硬い(笑)
…そんな裏切られる感覚が堪らない標本です。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

蛍石(メキシコ)

Dsc03606

San Martin Mine,
Zacatecas, Mexico
水晶高さ65mm太さ20mm(蛍石12mm)

実際のところ,パッと見は地味~な標本です。特別水晶が綺麗というわけでもないし,蛍石の透明度が高いわけでもない。でもナゼか気になっちゃって買ってきた子です。

プロフィールのところに載っけてる写真(コレ↓)の標本です。

Dsc03611_2

こちらの写真はプロフィールに使うつもりだったので,ちょっと加工しています。
まぁ,加工といっても,フォトショで写真の画像を二枚重ねにして,上のレイヤーを『乗算』にしただけなので,そんな大げさなものじゃないですが,『ちょっとは雰囲気良くなってるかな~』と勝手に思ってます。

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

オレンジ色

Dsc02778

↑信号待ちの時にとった写真。さいたま市内です。
おうちにかえりたいなぁ~…な気分を反映した写真です(笑)

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

てんとう虫とクモ

映画『ライラの冒険』を娘と見に行こうと約束しているのですが、まだ時間が取れずにいます。はやく見に行きたいです。

この話の中には、『ダイモン』という精霊が出てくるそうです。このダイモンは人の魂が体外に具現化したもので、人それぞれの性格や性質によって、異なる動物の形をしているそうです。。。
そして、公式サイトをみると『あなたのダイモンは?』という、例によって…な、テストがあったので、早速自分のダイモンが何なのか試してみました。

すると結果は…

テントウムシ
名前はThalius ←発音が分からない「ざりうす」?

名前まであるんかい…というのはともかく。
てんとう虫!
わたしの人生の中で、およそ縁の無かった動物です(笑)
テントウ虫。……てんとう虫。
そういえば、昔、コバルト文庫で夢枕獏の『こころほしてんとう虫』って本を読んだことがあったなぁ、なんて……。う~ん。他になにも思い浮かばないです。
何だってまたてんとう虫?

というわけで、今度は本名ではなくハンドルネームを入力、迷った質問の答えを変えて、もう一度試してみました。
すると今度は、

クモ
名前はPyrrheus ←発音さらに分からない!!「ナントカうす」…?

………………。
節足動物ばかりだわ…。
別に犬だの猫だのメジャーな動物を期待したわけじゃないけど、ここまで地味にくると笑っちゃいます(笑)
公式サイトの中に、それぞれのダイモンの説明が載っているのですが、てんとう虫とクモって両方一番下ですよ。地味すぎ!
説明にはどれもあまり悪いことは書いてないけど、なんか小悪人くさいダイモンだなぁ(笑)
↓公式サイトダイモンの説明
http://daemon.gyao.jp/daemon/

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

蛍石(ポーランド)

Dsc03878 Dsc03871 Dsc03872 Dsc03873

Strzegom, Striegau, Poland.
50×35×25mm

ポーランド産です。
産地としてはわりと珍しいのかなぁと思うのですが、娘には『イマイチだね』の一言で切り捨てられてしまいました。すっかり結晶形のしっかりしたものに見慣れてしまったようです(苦笑)

 

まだ体調は戻らないですが、夕方以降、『何か食べたい』と思うようになりました。明日には復活できそうかな。
業務の方は、いくつかやりたいことを諦めてしまいましたが、とりあえず何とかなりそうです。

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

たぶん風邪

やばいです。気持ち悪くなってきました。
先日、娘がおう吐してしまって学校を早退してきたのですが、ほぼ同じ症状と思われます。その日を含め3日間ほど調子悪そうにしていたので、自分も今日から3日間…と考えると。。。

まだ報文終わってないのに工期がっ!!!

やばいです。う~ん。はきそう。。。
さむい。さむいです。

追記です。
さむい~さむいです。相変わらず気持ち悪いのですが、昼間の頃より寒さの方が卓越してきたようです。暖房つけまくって個人でストーブも炊いて…「この周辺は温室か?」と上司に言われました。でも、さむい~~~。かといって熱はないようです。娘の時も微熱どまりだったので、そういう風邪なのかな?
そろそろ20時過ぎました。そして、先ほど上司が帰りました。どうやら上司の分は見通しがついたみたいです。わたしの方は、もう少しやりたいなぁ…という感じですが、ちょっと、もう、体調が小康状態を保っているうちに帰宅しようと思います(今は寒いだけでわりと平気。1時間単位くらいで波が来るみたい)。

それにしても、『CADを自分で』っていうのはそれなりに負担だなぁ、と今回改めて思いました。
ペネ試料や柱状図、地形図等を見比べながら断面を作成するため、『すべてを電子上で!』というほど、デジタル化人間になれていません。結局、アナログの紙ベースに鉛筆で境界線を引き、デジタルに起こす…という作業です。
他の人は、鉛筆で引き終わった時点で、わたしのところに『CADにして!』と持ってきて、その先の作業を始めてしまうことが多いのですが、わたしの場合、自分に外注するわけにはいきません。

実は、自分の作業が間に合わないため、別の上司の他業務の図面をひとつ蹴ってしまったのですが、上司は断面図専用ソフトで作成しただけで、CAD納品は諦めてしまったようです。曰く、
『チェックソフトには引っかからないし~』
確かに…。
でも、こういった急なものにも対応できるくらい、スマートに作業できるようになったらいいなぁと思います。

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

加熱殺菌の乳酸菌飲料

乳酸菌飲料で加熱殺菌してる商品ってありますよね。
前から不思議に思っているのですが、これって、菌、死んじゃってます…よね?
乳酸菌って実は熱に強いとか?そんなわけないですよね…。

どういうことだかよく分からないので、普段は買ってこないのですが、今日は珍しく、そういうのを買ってきてみました。
パッケージに大きく『乳酸菌入り』って書いてあるので、おそらく乳酸菌をウリにしているのだろうなぁと思うのですが、側面を見るとやっぱり加熱殺菌って書いてあります。
しかも丁寧に『本品は、はっ酵乳(生きた乳酸菌を含むヨーグルト)をミックスしてから加熱殺菌しております。』と説明が…。う~ん。。。
たとえ死んでしまっていても、乳酸菌って摂取すると何かメリットがあるのでしょうか?パッケージには何も書いてないです。

単に『栄養』っていうなら、乳酸菌じゃなくても良い気がするし、っていうか栄養になるのかしら。。。う~ん。不思議。よく分からないです。意味無い気がしちゃいます。

 

なお、今日はお雛様でした。
雛人形を飾る気は無かったのですが、娘が夜になってから『飾る!』と言い出したので、夜になってから雛人形の箱を押入れから引っ張り出してきました。
3日を過ぎてからも人形を飾っていると、婚期が遅れるとか言いますが…。。。よし、しばらく飾っておこう(笑)←嫁にやらん(笑)

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

冒険の旅~

テレビで「地球46億年冒険の旅 アースオデッセイ」を見るために、仕事は早めに切り上げて帰ってきました(はじめちょっと間に合わなかったけど)。見終わった~。

冒頭クジラばっかりやってたから、映画の「アース」みたいに、また動物ばっかりかなぁ~?と心配しましたが、一応後半から火山や堆積岩もでてきました。
わーい!

せっかくだから、もうちょっと火山がたくさん見たかったな。
途中山体崩壊の映像が流れたけど、あれって確かセントヘレンズ?だったですよね(違ったかな?)。ンゴロンゴロ山の火山発達史なんて全然知らないんだけど、あのカルデラの形を見てると、どっちかっていうと阿蘇みたいな感じをイメージしちゃいます。(外側にはものすごい量の火山砕屑物を吐き出す一方、山体の内側はカラッポになって全体が大きく落ち込んでカルデラになっちゃう感じ。。。)マントルのプルームのCG迫力あったんで、火山もそういうのがあったらよかったなぁ。こう…そういうのを自然の映像と交互に見たかったです。
あぁいうCGって、どうやって作るんだろう!かっこいーなっ!!

あと、最後のモデルさん(だったかな?)は、『信じられな~い』ばかり連発していましたね(笑)。ナレーターも『とても地球上の光景とは思えません』って言ってたけど、こういった水だの風だのでできた地形って、反対に「地球ならでは」とも言えるんじゃないかとか思います。
火星で堆積層っぽいものを見つけて、「水があるのかっ!?」って大騒ぎしたくらいですものね。←大騒ぎはしてないか。ってか、結局昔は液体があったって決着だったっけ?おぼえてないです(笑)

 

それにしても…。今仕事で、深さ60m以浅程度の地質断面図を作っているのですが、表層近く、河成の堆積層の部分で側方変化が激しくて、うまく境界が引けないなぁ~なんて考えてたんです。
あぁ、スケールが小さいな。自分!!!
地球の壮大さ遠大さを考えたら、みんな誤差だよ!どーんと引こうっ!(笑)←どっちにしても、最後はいつものごとく『えいやっ!』ですが。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »