« 蛍石(アメリカ) | トップページ | 冒険の旅~ »

2008年2月29日 (金)

「なちゅれ」って読んじゃうんですもの

有名な科学雑誌の「nature」から、地球科学の分野が「nature geosciense」という雑誌として独立したそうです。
わざわざ地球科学の分野を独立させてひとつの雑誌にしちゃうなんて、ちゃんとペイするんだろうか…なんて考えてしまいます(苦笑)

で、今回、創刊号の無料プレゼント!というサービスをやっていたので、好奇心だけで生きているわたしは申し込んでみました。

それで…ですね。もちろん「nature geoscience」は英語なわけです!
ところが、ここで何度も書いているように、わたしは英語が大の苦手。「nature」という単語を見て、「なちゅれ?」と読んでしまうくらい苦手です(笑)
今日、創刊号が届いたのですが、案の定、見事なくらいにさっぱりわかりませんでした。

届け先を会社にしていたので、会社で見ていたのですが、
音無「う~ん。。。『らいじんぐ、ざ、るーふ』?。らいじんぐ…のぼる?、るーふ…は、屋根?………屋根に登るの?なにそれ…」
総務のねーさん「は?科学雑誌で『屋根にのぼる』は無いでしょ」
音無「…わかんない。図はオゾンの密度がどーのって書いてあるみたい。。。あ、上方向の矢印が書いてあるよ!ほら、オゾンの分布?が屋根みたいな形!」
総務のねーさん「じゃぁ、屋根?」
ってな会話を繰り広げていました。。。なさけない。
(そういえば、構造物と地盤との境界沿いに水みちができちゃうのを「ルーフィング現象」って言ったよね。このルーフィングは、また別の意味かしら。。。)

学生時代、英語は音読すると『読む』『話す』『聞く』の三拍子になるので、より勉強になる…と聞いたことがありました。ですので、周りの迷惑顧みず音読していたのですが、

総務のねーさん「ねぇっ!棒読みしないで、切るところは切って読もうよっ!」
上司「どんな発音だ。。。ローマ字読みしないで、うそでもいいから、もう少しそれらしく読めないか…(呆)」
と散々に言われてしまいました。。。

だって、どこで音を切ればいいのかわからないんだもんっ!
うぅ。。。とてもじゃないけど定期購読はできません。

|

« 蛍石(アメリカ) | トップページ | 冒険の旅~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍石(アメリカ) | トップページ | 冒険の旅~ »