« あたま痛い | トップページ | 明日で最後。 »

2007年9月 7日 (金)

台風9号で飛行機は欠航…

今、札幌にいます。
ラッキーなことに、ほぼ予定通り北海道に来ることができました。途中台風9号を飛行機で追い越してきましたよ!!飛行機あんまり揺れませんでした。

案の定というか何というか、わたしの乗るはずだった飛行機は昨夜のうちに『欠航』となっていました。
ですが、このままも悔しいので、『これも良い経験!!』と振り替えを狙って、始発電車で羽田に向かいました。
3時頃起きたのですが、この時間、埼玉南部はものすごい暴風雨。どうなることやら…でしたが、4時頃、家を出る時間にはずいぶん雨風ともに弱くなりました。ちょっぴり期待。

ところが、羽田に着くと、手続きは『払い戻し』と『翌日以降の便への変更』のみで、本日の搭乗手続きは全便中止をしていました。それでも、こちらとしては手続き再開を期待して待つしかありません。
(朝6時頃のことです。空港ロビーでは、昨夜帰れなかった&ホテルの取れなかった方達が、毛布にくるまって寝ていました。。。)

待つこと約1時間。思ったより早く搭乗手続きが再開されました。
千歳行きは後続便の席が満席ということで、キャンセル待ちのチケットをもらいました。始発で来た甲斐があって、番号は30番代。

初めてのことなので、キャンセル待ちのシステムを全く知らなかったのですが、『キャンセル待ちの番号をもらったら、まずは直近の飛行機で空席を待つ。ダメだったら次の便の空席を待ち、それでもダメだったら次の飛行機…』という風に、同じ番号を持ったままひたすら自分より若い番号がはけていくのを待つ、というものなのですね。←言われてみれば当然だなぁ…と思うのですが、全然考えたこともなかったので昨夜はどうなる事やらと思っていました。
各飛行機毎ではなく、全便トータルでキャンセル待ちの番号が発行されるそうなので、早い者勝ち!同じ欠航になるのなら、早くそれを把握できた方が有利ですね。(いや、ちゃんと飛ぶのがよいのですが、先便が天候調査中で、機体の都合で後続便の方が先に欠航が決まって…、結局先便も欠航になった…なんてケースがあったら仕方ないけど何かやだなぁ…。)

とにかく、まずは自分が乗るはずだった7時発の次の便、8時発でキャンセル待ち。わたしより30人は先に乗るんだよなぁ…と、カウンターで番号を呼ばれるのを待っていました。
が、明らかに人数が少ない!30人いるかいないかなんですよ。で、まわりの人の番号をそれとなく見てみると60番台とか70番台とかの人もいる。キャンセル待ちのチケットをもらっても、わりとカウンターに来ない人がいるのでしょうか?それともまだ飛ばないと思って別の所にいるのでしょうか?
結果、8時の便は無事出発。わたしもあっさり搭乗することができました。

ちなみに、搭乗手続き再開までの時間の間、すっごく心細かったのですが、列でわたしの前に並んでいた女性が話しかけてくれました。千歳→羽田→岡山という行程だったそうなのですが、昨夜羽田に着いた時点で岡山行きが欠航。空港で一夜を明かされたのだそうです。
空港の係員さんから案内を受けたときも、『千歳行きのキャンセル待ちは今何番くらいなの?』とか、わたしの分まで質問してくれたりして、とても心強かったです。ありがとうございます!
その女性によると、『昨夜はみんな目がつり上がってた!』とのことで、かなり大変だったようです。今朝はそこまでぴりぴりした感じはなくて、後ろに並んでた男性陣なんて、おもしろ可笑しい冗談を飛ばし合っていて、わたしも思わずつられて笑ってしまったり、心が和みました(笑)

当初の飛行機は欠航となりましたが、結果的にはすごく為になりましたし、すごく恵まれてたなぁと思います。

 

|

« あたま痛い | トップページ | 明日で最後。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あたま痛い | トップページ | 明日で最後。 »