« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月26日 (水)

層状鉄鉱層(カナダ)

Dsc02950 Dsc02948

Temagami,Ontario,Canada
45×35×30mm

ラベルが『層状~』となっていたので、タイトルは一応そのまま書きました。どっちかっていうと、個人的には『縞状鉄鉱層』って言われた方が聞き慣れてる感じです。

で、ラベルですが、説明書きが『赤鉄鉱と碧玉よりなる地球最古の鉱石』と書いてありました。でも、この書き方って、なんとなく語弊があるかなぁ~って印象を持っちゃうんですけど。。。この鉄鉱層って25~30億年くらい前のものだったと思う(←うろ覚えなんで間違ってるかも)のですが、見つかってる最古の岩石って40億年くらい前ですよね。(あれ?もうちょっと前だっけ?←やっぱりうろ覚え(笑))
やっぱ『最古の岩石』と『最古の鉱石』ではまた別なのかなぁ…とか、まぁどうでもいいですね(苦笑)

以下のページとかを見ると、たぶん、赤いのが赤鉄鉱粒子を伴う石英(碧玉)、黒っぽい部分が磁鉄鉱、あと、(写真じゃ写ってませんが裏側に)白っぽい脈みたいのが入ってるんですが、それがドロマイト…のようです。ttp://www.goldschmidt2007.org/abstracts/A930.pdf
日本人の書いた論文なのに英語のアブストしか見つけられなかった。英語苦手なのに…。まぁ、そんなもんか(泣)

| | コメント (0)

2007年9月18日 (火)

蛍石(ペルー)

Dsc02935 Dsc02936 Dsc02940 Dsc02941

Huayllapon Mine
Pasto Bueno,Ancash,Peru
40×45×35mm

またペルー産です。
蛍光します。
蛍石の色が綺麗です。表面は透明っぽいのですが、奥の方が青緑色にみえます。こういう風に結晶の色が変化している子って、色彩が不思議な感じになって素敵です。この子も優しい感じのする子です。

| | コメント (0)

2007年9月 5日 (水)

蛍石(中国)

Dsc02367 Dsc02368 Dsc02369

Yaogangxian,Chenzhu E-50km,Hunan,China
25×23×27mm

典型的?な中国産毛鉱入り蛍石です。

毛鉱入り蛍石はいくつか持っていて、過去にアップしたものもありますが、これらの中でもこの子はひと際地味な印象の子です。
それでも「面白いな!」と思って買い求めてきたのですが、特徴…うまく写ってるかなぁ。
パッと見は典型的な立方体の蛍石結晶なのですが、結晶の中を見ると中央に球状の蛍石があって、毛鉱が球状蛍石の表面を取り巻くように結晶しています。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »