« 肺炎 | トップページ | 蛍石(アメリカ) »

2007年6月15日 (金)

考古学と地質学

お札を使って折り紙する本を買ってきました。
本屋で中を確認していたら,アンモナイトや三葉虫,カブトガニがあるじゃないですか!『コレは折ってみたい』と即レジに持っていった次第です。

家に帰ってその本を読んでみると,それぞれの作品に面白可笑しくコメントが付けられています。また難易度や注目度のランク付けもされています。折り紙をやらなくても,それなりに面白いです。
しかし,個人的に大注目のアンモナイトや三葉虫のページを見てみると,注目度のところが『考古学者注目度』となっているじゃありませんか!!!
考古学者は三葉虫やアンモナイトを発掘しないと思う…(泣)

古生物学者…せめてもう少し広範に解釈しても地質学者にして欲しい。
わたしもこんな仕事(地質調査)をしていると,しばしば「考古学」の仕事をしていると勘違いされることがあるんですよ(号泣)

で,そんなにマイナーかしらと思って,ちょっと言葉をググってみました。すると…ヒットした数が

"地質学"…約774,000 件
"考古学"…約 5,170,000 件!!

ガーン。
あ,圧倒的じゃないか…(ばーいアムロ)

あまりに酷いので,ためしに英語で検索すると…
about 37,600,000 for "geology"
about 6,860,000 for "archeology"

なんと逆転しました!!!!
圧倒的じゃないか、我が軍は!(ばーいギレン)
西洋では日本より地質学が一般的だと聞いていますが,それにしても英単語を間違ったかなってくらい,日本語と英語の結果に違いが…。考古学ってarcheologyじゃないのかな。

ちなみに,日本語の方。
地質学からもうちょっと範囲を広げて「"地学"」で検索すると約 4,190,000 件。
「"地球科学"」だと約 1,260,000 件。
比較するとしたら,こっちの用語の方が良かったって事でしょうか?
でも何か違うよね。

|

« 肺炎 | トップページ | 蛍石(アメリカ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166501/15443301

この記事へのトラックバック一覧です: 考古学と地質学:

» 大人折り紙 [大人折り紙]
大人折り紙についてはこのサイト!オリジナル作品の折り方も掲載。実は海外でも行われている大人折り紙。やり方を知っていると、ちょっとした機会にウケます! [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 18時55分

« 肺炎 | トップページ | 蛍石(アメリカ) »