« プラネットアース…慣れてきた | トップページ | 蛍石(メキシコ) »

2006年10月 9日 (月)

相性悪いのかな?

古の時計、3号が届きました。
チェーンがついてきましたが、時計とチェーンを繋ぐ部分が非常に固くて、わたしの指の力ではとても時計が付けられません(笑)
そこで、下の写真のようにペンチで可動部を2~3回つまんで、硬直している筋肉(笑)をほぐしてやりました。あまりやりすぎると、ポッキリ折れてしまいそうなので、ほどほどに優しく、かる~く何回か。。。
Dsc00625

すると、まだ少し固いですが、自分の指で時計を付けてやることができるようになりました。まぁ、少し固いとはいっても、軟らかくなり過ぎて時計が取れたらイヤですし、丁度良い感じです。

それと、わたしのスケルトン時計は、2日程でリュウズの部分が動かなくなってしまって、ネジが巻けなくなってしまいました。
前にも書いたとおり、出だしから調子がおかしいなぁ~とは思っていたのですが、どうも単に初期不良(?)だったようです。問い合わせたら、代替品を送ってくださいました。

で、届いた代替品なのですが、まず時間を合わせようと軽くリュウズを引いたら、スポンといきなりリュウズ部が取れてしまったのです!!!
『えぇ~?何事!?』
う~ん。連続。やっぱ、わたしの扱いが変なのでしょうか?
…って、時計の取扱いにそんなバリエーションがあるとは思えないし、指の力だって(チェーンに時計が付けられなかったくらいですから)強い方ではないのですが…
あぁ~。今回は、一度も動くことなくこの有様。。。(泣)

とまぁ、リュウズと細長い注射針のような芯が、一緒に本体から取れてしまったわけですが、一応、芯をリュウズとともに時計に戻してみます。。。
すると、うん。…どうやらネジは巻けるようです。。。
でも、リュウズを引こうとすると本体から外れてしまうので、時間が合わせられないです。

困ったなぁ…と思いつつも、慎重にリュウズ&芯を本体から出し入れしてみます。
どこかで引っかかるかもしれない。幸いスケルトンなので、内部の様子を伺うことはできます。
それで、ゆっくり出し入れしてみると、何回かに一回、部品に引っかかるのです!引っかかった状態を維持するのは難しいのですが、何とかその状態で、リュウズを巻いてみると、くぃっと時計の針が動きました。おぉ~時間が合わせられる!!

なかなか困ったさんな時計ですが、しっかり時は刻んでくれているので、このまま使ってみようと思います(苦笑)
しかし、二度も妙なのに当たるとは。宝くじでも買ったら当たるかな?(笑)

 

ふぐ様
コメントありがとうございます☆
2号が在庫切れだなんて、やっぱり人気なのですね!
私の方は時計と相性が悪いのか…妙なことになっていますが(笑)、反対に(だからこそ?)早くも愛着が出てきています。わたしも長く使えたらなぁ~と思っています。

|

« プラネットアース…慣れてきた | トップページ | 蛍石(メキシコ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166501/12204915

この記事へのトラックバック一覧です: 相性悪いのかな?:

« プラネットアース…慣れてきた | トップページ | 蛍石(メキシコ) »