« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

蛍石(ナミビア)

Fluoritenami03 Fluoritenami04 Fluoritenami05

Erongo Mtns,Namibia
30×20×25mm(結晶最大15mm)

 

上司Nさん、二日もズル休み。。。
ホント、こども並み…明日は来るかなぁ…
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

警備員の素行チェーックッ!

突然ですが、浦和競馬場周辺をパトロールしている警備員は、一部住民に評判が悪いです。(グリーンの制服の方。最近は違う警備会社も入ってきたみたいだけど、こちらは制服がブルー。こっちはまぁ良い、ていうか普通。)

で、ですね。
先日、民間の仕事でボーリングをやった時のことです。
現場がたまたま、埼玉スタジアムの近くで、しかも浦和レッズ戦の開催されている日でした。まぁ、それは別に良いんですが…。
昼食のため作業を中断し、食事を済ましてボーリングマシンの所に帰ってくると、知らない警備員がかってに機械のところで、弁当を食べているではありませんか!
今回は私有地内で作業していたので、うちが依頼した警備員ではありません。明らかにレッズ戦のために雇われている警備員です。
その警備員、こちらに気がつくと、気まずそうにそそくさと去っていきました。

まぁ、いいか。。。と、作業再開…したのですが………。
「さぁ~て」と、土質試料を入れた袋を開けてみると、弁当のゴミの片割れがっ!!!

警備会社名は、伏せときますが。。。いつもいつも、そう。あのくすんだグリーンの警備服(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteusa30 Fluoriteusa31

Ouglaize Quarry
Junction,Ohio,USA
50×50×40mm(結晶最大15mm)

シルト~砂岩(微細砂)の母岩に立方体の結晶が付いてます。
母岩には白い粉状の鉱物が付いていて、こちらは方解石…みたい?。
蛍石は、中央に紫色の部分があって、周囲が透明になってます。
結晶表面は、遠目には磨りガラス状となってて、よ~く見ると小さな立方体のデコボコが見えます。

Fluoriteusa32 Fluoriteusa33 Fluoriteusa34

結晶分離品の方は、同じ産地で長辺が11mm。
透明度は分離品の方が良くて、とってもクリアな感じです。

購入時に、『母岩付きにしようか…それとも綺麗な分離品にするか…』、悩みに悩んで、「やっぱ母岩付きで!」とお会計をお願いしたら、分離品の方をおまけで貰いました(喜)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

蛍石(日本)

Fluoritejp02 Fluoritejp03 Fluoritejp01

岐阜県武儀郡上之保村平岩鉱山
(Hiraiwa mine,Kaminoho,Mugi,Gifu,Japan)
結晶のサイズ0.5mmほど

小さい結晶ですが、とても綺麗です。
顕微鏡で見るのがおすすめ☆

この標本は、いつもお世話になっている標本屋さんで頂いたものです。
やはりその標本屋さんに通っている常連さんが、平岩鉱山で採取してきたものなのだそうで、その常連さんが「皆さんに差し上げてください。」と何点か置いて行かれたのだとか…。
ルーペや顕微鏡で見ると結晶しているのがよく分かって、ほんと綺麗なんです。私なんかが頂いちゃっていいのかしらって、思ったのですが、大感謝です!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

少し前まで、航空写真って高かったよね

国土交通省の「オルソ化空中写真ダウンロードシステム」というのを見つけました。
http://orthophoto.mlit.go.jp/

常々、報告書に航空写真を使ってみたいと思っていましたが、弱小企業なうちはなかなか難しいです。
最近日本語の使えるようになったGoogle Earthも、商用利用には年間400ドルを支払わなければならないようです。毎年45,000円くらいですか。。。
商用利用を考えれば安い方。大したこと無い金額…でしょうが、うちの会社ではちょっとキツイ。。。
これまでの会社での状況を考えると、絶対稟議は通らないと思うのです。(現状でも、報告書作成に使うソフトを、ある程度自腹で買っているくらいですから…)

ところが、上に挙げた国土交通省のオルソ画像は、利用約款を読む限り…出典を書きさえすればフリー!!すごいですっ!国交省ナイスッ!

ちょっと試しに、今担当している現場の写真をダウンロードしてみたのですが、なんと写真が古いんです。ラッキーッ☆地形改変前の状況が分かる!!
ダウンロード範囲をマウスで選択するか、メッシュで選択するかで、写真の年代が違ったので、写真年代を自分で選択できたら、よりベストなのですが、まぁいつのデータなのか明示されているのでオッケーです。
カシミールあたりで、国土地理院の数値データと重ね合わせられれば…わ~いっ!!

あ……でも、国土地理院の数値データは承認を得ないといけないんだっけ?(苦笑)

グーグルよりちょっと解像度が低いけど…まぁご愛敬。
今後、よりデータが拡充されていくことを期待しています。がんばって欲しいです☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(メキシコ)

Fluoritemexi01 Fluoritemexi02

Naica Mine,Naica,Chihuahua,Mexico
40×25×20mm(蛍石の結晶13mm)

派手だし、何か変なオブジェクトみたい(笑)
ラベルでは「蛍石・黄銅鉱・方鉛鉱・方解石」となっていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

杉石(南アフリカ)

Sugi01_2 Sugi02_1

Wessels Mine,Kurman,S.Africa
40×25×15mm

杉石。
色味が上手く写りませんでした。妙につややかで変な感じに写っちゃってます。
まるで小判石のような形をしていますが、この球一つがだいたい5mmくらいの大きさです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

特典の懐中時計

今日、ようやく『古の時計』の創刊号&二号が届きました。
ちょっと仕事で疲れているので、雑誌の中身の方はまだ見ていないのですが、特典で付いていたスケルトン時計の方は、封を開けてしまいました。
毎号付いてくる懐中時計は電池式だそうですが、特典の懐中時計は機械式だったので、早速動かしてみました。

Tokei001
ふたを閉じたところ。

Tokei002
ふたを開けたところ。

Tokei003
裏っ側。

ネジを巻いて動かし始めたのですが、はじめの5~10分ぐらいは上手く動かず、ふたを開けたり閉じたりするたびに、歯車が止まってしまったり、速度が変則になったりしていました。
でも、リュウズの部分をチョイチョイとさわって動いてる状態にして、10分くらい、そ~っとしておいたら、その後は持ち歩いても止まったりせず、とりあえず順調に動くようになりました。

時計の中身が丸見えだと、何だか意味もなく、じ~っと歯車の動きに見入ってしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月19日 (火)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteusa21 Fluoriteusa22 Fluoriteusa20

Rosiclare Level,
Minerva Mine #1
Southern Illinois,USA
30×30×25mm
1993年採取

結晶のモヤモヤ模様が面白いな…と買いました。

今、仕事で山歩きをしてます。こないだまで、軟弱地盤で建築基礎のための地質調査をやっていたのですが、今度は山の土木工事に先立つ調査…ということで、頭を切り換えねば!!
今朝のニュースで、スズメバチ関連のニュースをやっていたので、ハチ用の殺虫剤など購入して出かけました。ハチ…居るには居ましたが、幸い殺虫剤が必要となるような局面はありませんでした。
明日も今日の続きです。ただ、めぼしい露頭が無くて、ちと物足りない感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

プラネットブルー

見終わりました。
ながら見だったのですが。。。映像が綺麗でよかったです。

わたしは火山のところや宇宙のところの話が面白かったのですが、一緒に見ていた娘(小一)はほとんど、クジラとかイカのところに反応していた。。。すこぉし、残念だったりして。。。(苦笑)

キラウエアの溶岩流のところで、「こんなのが流れてきたら、お家が燃えちゃわない?」と娘に聞かれました。
「燃えちゃうだろうけど、溶岩の流れてくるところに、お家は建てないと思うよ」と、テキトーなことを答えました。すると、「じゃぁ、人が死んだりしないね。」と、安心した様子。。。
「…でも火山の性質によるよね。」とか「火山学者が死んだ話…よく聞いたよなぁ…」とか思ったのですが、嫌いになられたらイヤなので、とりあえず伏せて…「火山学者になる?」と質問してみました。
すると即答。
「ヤダ!だって、しんじゃうもん」
「…。」

学部時代、火山やってた同級生が『サージに巻き込まれて死ねたら本望だ』と冗談を言っていたのを思い出しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

蛍石(中国)

Fluoritechina01 Fluoritechina02 Fluoritechina03

Yao Gan Xian Mine,
Chen Zhou,Hunan,China
50×25×25mm(結晶径8mm)

結構濃い色の結晶ですが、よく見ると累帯構造が見えます(3枚目が分かりやすいと思います)。
ピンクいのは菱マンガン鉱です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteusa01 Fluoriteusa02 Fluoriteusa03 Fluoriteusa04

Rosiclare Level,
Denton Mine
Southern Illinois
70×40×30mm(結晶辺径20mm)
1980年採取

蛍石の結晶がポツンと結晶質っぽい砂岩?に付いています。
私の持っている蛍石の標本は、たぶん『単結晶』か『母岩付きの群晶』が多い…気がするので、こんな風におっきな結晶がひとりぼっちで付いているのは、珍しいな…と思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上司の怪しいパソコン

今日は、上司のパソコンの調子がおかしくなってしまいました。(もともと、少し挙動不審気味でしたが)
上司はパソのデスクトップに大量のファイルを保存しておくタイプの方で、いつもデスクトップはアイコンで埋め尽くされていたのですが、今日パソを立ち上げると、デスクトップが空っぽになっていたのだそうです。Wordも起動しないとのこと。
どうにかしなくては…ということで、以下の順に対処をしました。

1.上司に聞いてみた。

私「最後にパソをさわったとき何をしていましたか?」
上司「特にさわってない、朝、起動したらこうなっていた。」
私「昨日は出張でしたよね。一昨日は、最後にどのソフトを使いました?」
上司「おぼえてない」
私「うーん…。。。」

上司はパソコンに疎いので、あまりしつこく聞いても、特に情報を聞き出すことはできなさそうです。

2.ハードディスクの中を見てみた。

上司は会議に行ってしまったので、その間に復旧作業です。

デスクトップは、アイコンはおろか壁紙も表示されておらず、見事にスッキリしています。
でもハードディスクの中には、ちゃんとファイルは残っているのでは…?
スタートメニューの中に、かろうじて「マイコンピュータ」が残っていたので、ここから「C\:Documents and Settings\(上司のユーザ名)\デスクトップ」で、フォルダ内を見てみました。すると…全部のファイルがありました!!!
マイネットワークも機能していたので、LAN越しに他のPCへ持って行ってみたら、ちゃんとファイルは開きます。ファイルは壊れていないようです。
というわけで、作業前に一通りファイルのバックアップを取ることにしました。

3.状態の把握。

ちゃんとファイルは残っていたものの、その他の状態はどうなのか?
すこしさわって、状態を確認してみることにしました。
以下の通り。

  • デスクトップが表示されない。(壁紙、アイコン)
  • スタートメニューのよく使うアプリのショートカットが表示されない。
  • Word、Excel、→ 起動はするが直後に「名前を入力しろ」という趣旨の窓が出て、入力後OKするとフリーズ。
  • Outlook、→ 起動しない
  • OutlookExpress、→ 「ユーザプロファイルがないので、選ぶか作成しろ」という趣旨の窓が出て、起動しない。プロファイルを選ぼうにも上司のプロファイルが表示されていないので選べない。
  • ショートカットが使えず、スタートアップ時の常駐ソフトは手動で立ち上げないといけない(ウイルス対策ソフトとか)
  • 「フォルダオプション」の「表示」タブで「すべてのファイルフォルダを表示」を選択、適用しても、反応がない。再び「表示」タブをみると、「隠しファイル隠しフォルダを表示しない」のままになっている。
  • その他、システムに関わる設定は変更&適用しても、反応無し。システムの復元ができない。
  • 「マイコンピュータ」-「プロパティ」のデバイスマネージャを見ると、特にばってん印やビックリマークはついていない。

4.ファイルの検索をしてみた。

やっぱり最後に何をさわったのかを知りたかったので、ファイルの検索機能(これは使えました)を使って、最後にさわったファイルが何なのか遍歴を調べてみました。(検索オプションで更新日の日付を指定し、すべてのファイルを検索)
すると…「デフラグ」をいじっていたようです。
……。うん(笑)
しかも「セーフモードからうんぬん」とか「復旧がうんぬん」といったヘルプファイル?を見た形跡も…(苦笑)

デフラグをやっていたら、フリーズしてしまった。再起動したらセーフモードになっちゃった…といった具合だったのでしょうか?(今日は、セーフモードにはなっていませんが)
まぁ…デフラグのせいかどうかは別として、とりあえず、素人な私には「システムファイルの何か…のデータが壊れている」または「システムファイルの何か…の存在する位置で不良セクタが生じてしまった」…のどちらかぐらいしか、想像ができません。

前者であれば、(復元できないので)システムファイルのスキャンをして、異常なシステムファイルを特定、正常なファイルに書き換える。
後者であれば、ディスクスキャンをして不良セクタを特定&隔離、やはりシステムファイルをスキャンして、異常なシステムファイルを…
といった感じでしょうか…。。。

5.ところがどっこい。

ディスクスキャン…システムスキャンをしてみたのですが、異常が見つからなかったんですよ。。。
あれ~?って感じで。
なんか、もう書くの疲れてきちゃった。。。(笑)

6.そーこーで。

もうひとつ新たにユーザーアカウントを作成して、ログインしてみました。
すると!こちらは、ちゃんと正常に動作するのです!!!

先のフォルダオプションの設定変更をはじめ、諸設定の変更も問題なくできるし、Word、Excel等も起動します。
Outlookもちゃんと起動したので、こちらにデータをインポートして、メールもアドレス帳類も無事使えるようになりました。
お気に入りその他もこちらのアカウントにコピーしました。
(元アカウントのプロファイルごと持ってきた方が楽かなぁ~?と思ったのですが、システムファイルには異常がなかったようだし、プロファイル情報のどこかがおかしいのかも…と思い始めていたので、必要なファイルを個別に手動で移してきました。)

おまけ
メールデータの復旧をする際、はじめてっきり上司はOutlookExpressを使っているものと思い、古いアカウントのフォルダから、OutlookExpressのデータをコピーしてきました。
しかし、ファイルを見てみると送信トレイのデータはちゃんとあるのに、受信トレイのファイルは異常にサイズが小さく、OutlookExpressを起動して確認してみても、受信メールが一つしかなかったのです(←初回起動時に出てくる「ようこそ~」のメールのみ。)
もしかして、このファイル…壊れてる!?と驚いたのですが、会議終了後、上司に確認してみたら、
「メール受信は「Outlook」を使って、メール送信は「OutlookExpress」を使っている」
とのこと!?
えぇっなんでっ?(驚)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteohio20 Fluoriteohio21 Fluoriteohio22 Fluoriteohio23

Clay Center,
Ottawa Co.,Ohio,USA
50×30×30mm(結晶サイズMAX8mm)

蛍石と天青石
前にオハイオ産の蛍石をふたつアップしましたが、もうひとつ色の薄いヤツを。。。
この蛍石は、前回掲載した標本と同じく褐色に近い色をしていますが、全体に色が薄く、結晶の外側は透明になっています(二枚目写真が分かりやすいかな)。
さらに、結晶表面は被膜に覆われていないので、ブラックライトでの蛍光がとても分かりやすいです(四枚目写真、褐色から白く変色しています。)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

水亜鉛銅鉱

Auric1 Auric2

79Mine,Gila Country,Arizona
60×50×25mm

Aurichalcite
もちっと、青緑な色。
意外と針々な鉱物が好きかも…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

設定できた。

昨夜、Ethernet converterを無事設定することができました。

Ethernet converterを手動設定することにしたものの、それでも簡単マニュアルしか見たくない私は、早速簡単マニュアルを手に…(笑)
すると当然、AOSSでのやり方しか書いてありません。…まぁね(笑)
でも、最後の方に「その他の設定をしたい場合はCDを入れてマネージャソフトをインストールしてやってね」という趣旨の文が書いてあります。

「あぁ、エアナビゲータやクライアントマネージャでAirStationとかの接続を設定するみたいな感じかなぁ~?」と、簡単マニュアルに載っていたソフトをインストールしました。
それでほぼ予想通りという感じに、(初めてさわる機器だし、もうちょっと手こずるかなぁと思っていたのですが)特に問題も無く繋がってしまいました。

もうちょっと手こずった方が、マニュアル読む気になるんだけど…(←バカ)と思いつつ、終了後、すっごい久しぶりにバッファローのHPに行ってみました。
すると、クライアントマネージャ3のバナーが目に付きました。

どんな機能が付いたんだろう…と見てみると…
「無線内蔵パソコンでもAOSSが使える」とのうたい文句が!!(笑)
対応確認済みパソコンの一覧を見てみると、自分のパソコンの後継機の名前や自分のパソコンに搭載されている内蔵無線LANデバイスの名前が載ってるし…(ドライバのバージョンは微妙に違うけど)

あぁ、こんなところにオチが…無線内蔵パソでもAOSSが使えるんだぁ(苦笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Trapiche Emerald(コロンビア)

Trapiche Emerald…トラピチェ?エメラルドをふたつ。
どちらもコロンビア産。

Temerald

Muzo,Colombia
結晶直径9mmほど
 

Temerald01 Temerald02 Temerald03

Penas Blancas,Colombia
70×45×10(エメラルド部分直径3mm)

こちらは母岩付き。
シルト岩?の母岩に緑色の脈がはいっていて、五個くらいのTrapicheが付いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャレンジEthernet converter!

半年ほど前、新しいルータを買ってきたのですが、このとき、ルータEthernet converterとかいうのがセットになっている商品を買ってきました。
もちろん、使うつもりで買ってきているのですが、何か面倒くさくて、これまでずっと放ったらかしになっていました。

というのも、買ってきたのはバッファローの機種だったのですが、ワンタッチで設定できるとかいうAOSSを使ったら、ノートパソコン(無線LANは内蔵だった)が上手く繋がらなくなってしまったのです。
それで『いいや。手動で設定しちゃお~。こっちの方がかえって簡単じゃん』と、新しいルータに古いルータと同じ内容を手動で設定しちゃったわけなんです。
…ところが、そうすると今度はEthernet converterを新たに手動で設定しなければならない。。。しかし、この機械はいままで使ったことがないうえに、私はマニュアルを読むのが苦手なので、できれば簡単マニュアル以上のものを見たくない…(笑)
それで、なんだかずっと避けていたのです。

それで早半年…過ぎてしまったのですが、いい加減使いたい家電が出てきたので、ここはいっちょ触ってみるか…と今回チャレンジしてみることにしました。もう夜だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

懐中時計かぁ~

『古の時計』って雑誌の定期購読を申し込んでしまいました。
懐中時計のレプリカが付いてくるっていうアレです。

この手の雑誌は以前『トレジャーストーン』を買っていましたが、やっぱり最後まで買い続けることができませんでした。
気に入った標本を標本屋さんで買った方が良いかなぁ~とか思っちゃったんですよね。
まえ、仕事で室内土質試験をお願いしているY社さんに遊びに行ったら、そこの社員さんはずっと買い続けてました。一つ一つはそれほどでなくても、やっぱり数が揃うとそれなりにすごい標本になりますよね。

懐中時計は、昔欲しかったんだけど、高くて手がでなかったんです。
今更だよなぁ~って思うんだけど、鉱物標本ほどのこだわりを持ってない分、こういう雑誌のなら逆に良いかな…と。
お金がかかるのが難点ですが、毎日会社での飲料代を節約すれば捻出できるな…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteaz04 Fluoriteaz01 Fluoriteaz03 Fluoriteaz02

Homestake Mine,Mohave Co.,Arizona
50×30×25mm(八面体の1辺が10mm)

アメリカ、アリゾナ産。
ん~。うん。。。。色の淡い蛍石です。

 

毎日毎日、何もしないうちに日々が過ぎて言っている気がします。
ちょっと焦る。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

蛍石(ペルー)

Fluoriteperu04 Fluoriteperu05 Fluoriteperu06

Mina-Huanzala,
Ancash Peru
55×50×45mm

黒い母岩に黄鉄鉱や苦灰石?が付いています。蛍石は、それらの表面を覆うように結晶しています。
結晶の形は、立方体や八面体ではなくて、ちょっともこもこと変わった形です。インドやミャンマー、ルーマニアのとも違う感じ。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bの割合

インドネシアから一時帰国していた上司が、再びインドネシアに飛ぶことになりました。
この業務に携わっている日本人グループは7人いるそうなのですが、なんと上司も含め6人がB型なんだとか!
で、グループのまとめ役である団長さんがひとりだけA型。人選は団長さん自らが行ったそうなのですが、この偶然にご本人がビックリしていたそうです。(上司曰く、その団長さん、後悔していたとか いないとか…(笑))

少し前までうちの会社もB型ばかりでした。今は変わってしまったのですが、社員の70~80%はB型で、下請けのボーリング屋さんまでみんなB型。。。(今も少しだけ多めではありますが、B型の人口は40~50%ぐらいに落ち着いています。)

以前、業務で知り合った技術士さん(建設部門の土基礎)とお喋りをしていたとき、私が「いちおう学校は地質の出身です」と話したら、「あ、じゃぁもしかして血液型はB型?」と聞かれました(笑)。
大学時代、そんなB型が多いとは思わなかったんだけど(先生もA型だったし)、でもその技術士さんによると「地質の人と会うとB型が多い」んだそうです…

基本的に血液型占いって信じないんですが、さすがにこういう偶然が重なると、私はA型なのでちょっぴり肩身が狭かったりして(苦笑)

 

さぁて、報告書が書き終わったので、今日は帰ります!!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

蛍石(ペルー)

Fluoriteperu01 Fluoriteperu02 Fluoriteperu03

Uchucchacua Mine Peru
50×25×25mm(結晶大きさ3mm)

菱マンガン鉱と蛍石がわらわら付いています。
結晶、小さいです…なんか針で突いたら水が出てきそう…な感じ。二枚目の写真なんか特に。。。どうにも、変な感想ですが…

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

う~ん。どうしようかな。

また野球の話ですが、新庄さんの試合を見る機会というのは、もうあまりないのだそうで、旦那に「千葉まで見にいく?」と聞かれました。どうしようかなぁ~。どうせなら、北海道に行きたいなぁ~。うん。ダメよね。

今日は、旦那から再び野球のレクチャーを受けました。
日ハムは、センターを新庄さん、レフトを森本さんという方が外野の守備をしている…と。で、先日は、センターの新庄さんが抜けたので、守備の上手い森本さんがセンターに来て、空いたレフトを紺田さんが守っていたんだよ~と説明されました。

ほほぉ~。空いた場所をただ別の人が埋めれば良いというものじゃないんですね。奥が深い…(え?このくらい深くない?当然?…知らない人から見るとすごいなぁと思うのです!)
感心すると、「当然」とばかりに旦那にバカにされます。

ちなみに旦那は本当は西武ファン。
私が「新庄さん!」と言ったので、先日は日ハム側で観戦しました。試合前の練習時に、日ハムの監督さんがサイン入りカードを配っていて、旦那は西武ファンにもかかわらず、手を出して貰っていました。しかも、すごく嬉しそうでした。ふぅ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

珍しく野球観戦

私はわりあいミーハーな質です。

で、唐突ですが、今シーズンで引退と言っている新庄さんを見ておこうと思って、昨日は西武球場に西武-日ハム戦を見にいってきました。
ところが、そんなときに限って新庄さんはスタメン外れ。。。どうもお体を酷使しすぎていらしたようなので、仕方がないですが、ガックリです。
でもまぁ、そんなわけで埼玉県人にもかかわらず、昨日は日ハムを応援してきました。負けちゃいましたが。。。

7回だか8回に、打者紺田が交代…という局面がありました。この紺田さん、新庄さんと同じ守備位置なのだとかで(←私はよく知らないので、この辺はみんな旦那に解説してもらってました)、もしかしたら新庄さんが出てくるのかもしれない!!!と期待が膨らみました。
まわりの観客の人達も「新庄かっ!?」とザワザワしています。
が、実際は田中さんというベテランさん(←と旦那が言っていた)がアナウンスされました。思わずズッコケてしまったのですが、まわりのみんなも一斉にズッコケてたのがとても印象的でした(う~ん。新庄さんって、本当に人気者なんだなぁ~と実感)。
でもまぁ、そこは皆さん日ハムファン。私のような不謹慎な観客とは、ひと味もふた味も違います。目の前でSHINJOと書かれたユニフォームを着ていたおばさんも、一気に田中さん応援モードに切り替わるあたりは見事でした。
うん。結構おもしろかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(モロッコ)

Fluoritemoro01 Fluoritemoro02 Fluoritemoro03

El-Hamman,Morocco
70×50×40mm 15mm

ポピュラーな標本です。蛍光します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

孔雀石(コンゴ)

Kujaku01 Kujaku02

孔雀石
Kasompe Congo
40×40×25mm

久しぶりに蛍石以外の石でも。。。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »