« 蛍石(ペルー) | トップページ | ボーリングとボウリング »

2006年8月17日 (木)

家を建てる前の調査って

お家を建てるとき、地質調査にお金をかけるのって、イヤですかねぇ…やっぱ、目に見えないしねぇ。

私の家のすぐ近くに『谷地』といって、建物を建てるのにはあまり向かない土地があります。長い間畑だったのですが、最近盛土されて建て売り住宅が建ち並びました。
敷地内に何棟か完成し、この後も続々完成…という状態だったのですが、ある日、施工がピタッと止まってしまいました。そして、数日経った後、今度は次々と家を取り壊し始めたのです。

え~?何で壊してんの?
と思っていたのですが、さらに後日、ボーリングの機械が入り地質調査が行われていました。
どうやら、地盤の強度が小さく、建てた住宅が傾いてしまったようなのです。

この現場、住宅建設に先立って、いちおう地盤改良(地盤の強度を大きくする工事)が行われていたのですが、結果をみると十分な強度が得られなかったようです。

地盤改良より前、この場所ではスウェーデン式サウンディングという種類の地質調査が実施されていました。この調査法は、地質調査の中でも最も簡便で安価なものの一つで、個人住宅の調査では一番利用されるケースの多い調査方法です。
ただまぁ、手軽な調査方法なので、価格だけでなく調査結果もお手軽です。
おそらく、この調査結果をもとに地盤改良の計画を立てたのでしょうけど、明らかに調査不足です。

個人住宅とはいえ、10棟以上建つ敷地にスウェーデンが数本。。。もともと地盤の良好な場所であれば、それでも十分でしょうけど、ここは建物を建てるのには向かない谷地です。しかも、盛土したばかりでその放置期間も短い…このような土地の履歴を考えると…。

会社で似たような相談が寄せられることがあるので、意外とこういうケースはあるのではないかな?と思います。
宅盤調査といえばスウェーデン!というのは、ほとんどスローガンのようになっていますが、ケースバイケースで調査方法を選定した方がよいと思います。
本来、調査というものは、工場で大量生産する画一製品のようにはいかないと思うから…

|

« 蛍石(ペルー) | トップページ | ボーリングとボウリング »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166501/11485225

この記事へのトラックバック一覧です: 家を建てる前の調査って:

» お家を買う方建てる方必見 [育児・子育てクラブ]
         家族の健康を考えるなら自然素材住宅を建てよう お家を買う方建てる方必見の小冊子をプレゼント!!子育てのための自然素材住宅ならここ!! チャレンジネットで副収入☆      ... [続きを読む]

受信: 2007年6月16日 (土) 11時31分

« 蛍石(ペルー) | トップページ | ボーリングとボウリング »