« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

蛍石(ナミビア)

Fluoritenami01 Fluoritenami02

Okorusu Namibia
45×40×30mm(最大径20mm)

とても綺麗なんだけど、ちょっと変な感じです。
緑色で立方体の結晶の外側にある紫色の部分。なんかギザギザカットです。
さらに、1枚目の写真、結晶上部の白濁した部分は、結晶のキズ(?)とかじゃなくて、もともとそういう風に結晶してる感じ…っていうか…なんというか。。。
 
 
YASU様、こんばんは~。
Florence Mineの蛍石、拝見できて嬉しかったです。
ホント素敵です☆
あ~、なまでみたい(笑)

昨日のコロンビア産ですが、少し前に初台さんで購入したものです。セルフさんのところにもコロンビア産がアップされてますね~。
コロンビア産って、あんまり見ないですけど、もうちょっと結晶のしっかりしたのも見てみたいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

蛍石(コロンビア)

Fluoritecol01 Fluoritecol02 Fluoritecol03

Penas Blancas,Colombia
40×25×30mm

綺麗です。
結晶の表面はくもり硝子のような感じなのですが(3枚目)、破断面の方はすごく透明で水のような感じです。緑色が優しい色合いで、とても綺麗。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

インドネシアの地質図

インドネシアに出張中だった上司が、一時帰国しました。
現地の地質図を買ってきてくれたので、さっそく、はいけ~ん!!!

有り難いことに英語で書かれているので、辞書を引けば何とか…なる…かな?(って、英語、ものすごい苦手なんですが…)
日本の地質図幅は日本語で書かれてるのに…インドネシアの図幅はインドネシア語じゃぁないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

鉱物写真の整理

この日記の鉱物の写真(ほとんど蛍石ばかりですが)を整理しようと思っているのですが、遅々として進みません。
試験も終わったし、仕事が忙しい季節でもないし、できるはず!なのですが…。

どうも工期と工程表がないと動けないタチのようです(笑)
工期…工期かぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(ロシア)

Dsc00172 Dsc00173

Nikolaevskiy Mine,Dal'negorsk,Russia
45×40×30mm(結晶最大35×25×15mm)

母岩がごちゃごちゃ…。
蛍石は、表面がくもり硝子状
 
 

YASU様
こんばんは~
海外の方と交渉なさったのですか!尊敬ですっ!!
英国産蛍石、楽しみにしていますね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

蛍石(日本)

Fluoriteit1 Fluoriteit2

福島県伊達郡川俣町水晶山
50×40×30mm

イットロ蛍石です。
クリーム色っぽい部分が蛍石、結晶間を埋める暗赤色部分はざくろ石…ちょっと透明がかった部分は…長石かな…?
 
 

YASU様
お久しぶりです☆
幻の英国産ですか!?早く拝見したいですっ!!
でも、コレクターの方に譲っていただくなんて、この前のピンク蛍もそうでしたが、なんかすごいですっ!!
か…海外の方なのでしょうか…日本の方?(ピンク蛍の時は海外でしたよね…?)
まわりに鉱物収集を趣味としている同好の人がいないので、不思議な気がします。いいなぁ…

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

蛍石(インド)

Dsc00174 Dsc00175 Dsc00176

Poona India
70×60×35mm(結晶径20mm)

梅干し弁当。
梅干しはカリカリ梅。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

ボーリングとボウリング

唐突ですが、
地質調査などなどで、地面に穴を開けて掘っていくことを『ボーリング』といいます。で、球を転がしてピンを倒すスポーツを『ボウリング』といいます。

MY携帯で、『ぼーりんぐ』と打って変換すると、ボウリングの絵が出てきます。しかし、『ぼうりんぐ』と打って変換しても…ボウリングの絵は出てきません。
…いや、どうでも良いんですけどね。。。

あ、そうそう、うちの県の地質調査業協会では、毎年行事としてボウリング大会があります。ボーリングする人達の集まりなだけにボウリング…?
ダジャレで行事を決めたのかどうかは知りません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

家を建てる前の調査って

お家を建てるとき、地質調査にお金をかけるのって、イヤですかねぇ…やっぱ、目に見えないしねぇ。

私の家のすぐ近くに『谷地』といって、建物を建てるのにはあまり向かない土地があります。長い間畑だったのですが、最近盛土されて建て売り住宅が建ち並びました。
敷地内に何棟か完成し、この後も続々完成…という状態だったのですが、ある日、施工がピタッと止まってしまいました。そして、数日経った後、今度は次々と家を取り壊し始めたのです。

え~?何で壊してんの?
と思っていたのですが、さらに後日、ボーリングの機械が入り地質調査が行われていました。
どうやら、地盤の強度が小さく、建てた住宅が傾いてしまったようなのです。

この現場、住宅建設に先立って、いちおう地盤改良(地盤の強度を大きくする工事)が行われていたのですが、結果をみると十分な強度が得られなかったようです。

地盤改良より前、この場所ではスウェーデン式サウンディングという種類の地質調査が実施されていました。この調査法は、地質調査の中でも最も簡便で安価なものの一つで、個人住宅の調査では一番利用されるケースの多い調査方法です。
ただまぁ、手軽な調査方法なので、価格だけでなく調査結果もお手軽です。
おそらく、この調査結果をもとに地盤改良の計画を立てたのでしょうけど、明らかに調査不足です。

個人住宅とはいえ、10棟以上建つ敷地にスウェーデンが数本。。。もともと地盤の良好な場所であれば、それでも十分でしょうけど、ここは建物を建てるのには向かない谷地です。しかも、盛土したばかりでその放置期間も短い…このような土地の履歴を考えると…。

会社で似たような相談が寄せられることがあるので、意外とこういうケースはあるのではないかな?と思います。
宅盤調査といえばスウェーデン!というのは、ほとんどスローガンのようになっていますが、ケースバイケースで調査方法を選定した方がよいと思います。
本来、調査というものは、工場で大量生産する画一製品のようにはいかないと思うから…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蛍石(ペルー)

Dsc00218 Dsc00219 Dsc00220

Pasto Bueno,Peru
80×80×45mm(結晶最大10mm程)

綺麗だなぁ~☆
水晶の上に水滴がかかってるみたいな感じで、さわやかです。
みずいろの蛍石の表面には、黄銅鉱だか黄鉄鉱だかがちりばめられています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月15日 (火)

蛍石(アルゼンチン)

Dsc00213 Dsc00215 Dsc00216

Portezuelo Catamarca,Argentina
65×60×40mm(結晶最大8mm)

カルセドニーの上に、黄色い蛍石。
母岩が亀裂沿いに酸化変色していて、母岩を覆うカルセドニーの底に色ムラが浮かび上がっています。蛍石は淡い黄色で、それほど透明度はよくありません。が、結晶表面にうすーく紫色のゾーニングがあって、色合いが微妙な感じになっています。

 

うちの会社は、特定のお盆休みがありません。
各々、手持ち業務の状況に合わせて適当に取ります。
で、現場も終わったし、いつお盆休みを取ろうかなぁ…と思っていたら、昨夜になって娘が熱を出しました。コンコン咳きもしているので、夏風邪です。

よし!じゃぁ、今日お盆休みにしよう!
というわけで、急きょお盆休みにしました。(もう1日取れるのですが、これはまた別にどっかで取ろうと思います。あぁ~どっか行きたい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

蛍石(中国)

Dsc00167 Dsc00170

Yao Gan Xian Mine,ChenZhou,Hunan,China
60×55×20mm (結晶径10mm)

立方体の蛍石の中心に、多面体の蛍石が入ってる感じです。内部の蛍石は、稜の部分が紫色になっていて、なんか面白いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

日本沈没

今日は『日本沈没』をみてきました。
事前に小松左京の日本沈没とは別物だ…という評判を聞いていたので、あまり期待せずに見にいきました。
うん。まぁ…。
…でも。。。まぁ面白かったです(笑)
もっとも私はB級自然災害ものの映画を楽しんでみられちゃう種類の人間なのですが…
っていうか、そういうビデオを探してきて見るのが大好きです。

掘削船の「ちきゅう」とかでてきて、お~~乗ってみたい!!とか、逃げるならどの鉱物標本持っていこうか!?やっぱ金になりそうな標本を持って行って生活の足しに…とか真剣に考えながら見てたのですが……。
いつになっても!いつになっても!映画館で携帯鳴らす人って、後が絶えないのですねっ!すっごい興ざめです!!!
電源切れっ!!!マナーモードも不可だ!静かなシーンで、ブーン…ブーン…ってすごい微妙…。どうせ、電話出られないんだからさぁ…って、一つ隣に座ってたおじさん、出て通話してたよ(呆)
『うん。今、映画館。後で電話するから…』まったく、近頃の中年オヤジは…(しかも子供連れですよっ)

エンディングロールをボーッと見ていたら、富野由悠季とか庵野秀明って名前が目に入ってきました。え?何の関係が?でてたの????
そういえば、ガンダムのブライト様の声優さんがお亡くなりになったのだそうですね。ブライト艦長…(たとえ皆にバカにされても)ガンダムシリーズの中で一番好きだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

置いてきぼり。。。

もうすぐ現場が終わります…が、予定より長引いてしまいました。当初の工程表で予備日として取っておいた日程までかかってしまいました。まぁ、逆に言うと、予備日を取っておいたので、工程オーバーではないのですが、新潟の親戚のうちに遊びに行くのは、また私だけ置いてきぼりとなってしまいました。

今週は暑かったです。今日はそれほどでもないようですが、天気が不安定なようなので、オペさんに頑張ってボーリングを掘りあげていただいて、が鳴る前に帰ってきたいです。だだっ広い場所での作業なので、ぽつーんと背の高いボーリングやぐらは危ないですから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

蛍石(メキシコ)

R0010130 R0010131 R0010133

San Martin Mine,Zacatecas,Mexico
55×50×35mm

母岩が輝安鉱です。蛍石自体は結構透明なのだけど、結晶内にも輝安鉱を含有していて、不透明に見える部分もあります。2枚目の写真なんか、左の方がそんな感じ。
透明な部分もよくよく見ると、針みたいな銀色の結晶が入っています。

 

YASU師匠!こんばんは~!!
師匠を超えるなんてとんでもない!!見捨てないでくださいよぉ。。。(泣)
Bikovさんの蛍石ですが、ホント綺麗ですよね☆青い色好きなんで、初台さんで即買いでした。Bikovさんが採取したのでBikov Mineとなってる…というお話しは伺ったのですが、4人とはまた少ないですね。
うーん。。。しかし、もしかしたらYASU師匠とは、初台さんとかどこかで、知らずにお会いしてる可能性…ありますよねぇ…(しみじみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

蛍石(ロシア)

Dsc00156 Dsc00163 Dsc00164

Bikov Mine,North Siberia,Russia
80×50×40mm

青が綺麗。
色の濃い青だけど、よくよく見ると、濃い部分は表面が微妙に紫っぽい。光のせいかな?
3枚目の写真は、標本の後ろ姿。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

蛍石(南アフリカ)

Fluoriteaf1 Fluoriteaf2

Omdraai,Kakamas,South Africa
70×60×20mm(結晶最大15mm)

台風のばかぁ~ばかばか~!!現場終わらないじゃんっ!お盆がぁ~~っ!また居残りだよぉ~~~~っ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

蛍石(スペイン)

Fluoritespain03 Fluoritespain02 Fluoritespain01

Berbes,Asturias,Spain
80×50×30mm (結晶最大7mm)

蛍石の更新、すっごい久しぶりな気がします。
スペインの蛍石って、華やかですよねぇ…

技術士試験のせいで、筋肉痛です。右腕と両肩。メチャメチャりきんで書いてたんですね~自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

試験終了

はぁ~。
試験が終わりました。

う~ん。案の定、専門科目が書ききれませんでした。専門がネックだろうと思っていましたが、うん。悲しいことに、予想通りです。はぁ~。ダメだぁ。
っていうか、鉛筆書きするの遅すぎなんだよ、自分っ!!何も考えず、暗記した原稿(600字×3枚)を書き写すだけでも、確実に1時間以上かかっちゃうんだよね。…隣の席のお兄さん、書くの速かったなぁ…うすうす気付いてたけど、やっぱ自分、手書き遅かったんだぁ。手書き練習したのになぁ、速くならなかったなぁ…パソコン打ちの方が速く書けるのになぁ…(泣)

試験内容が来年から変わるそうですが、来年も書き書きするの…やだなぁ。。。

あうぁぅ~~~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »