« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ペンタゴン石

Pent1 Pent2 Pent3

Wagholi,Maharashtra,India
高さ15mm×太さ5mm程

梅雨が明けましたね。夏です。
真夏のクリスマスツリーって感じ。
キラキラ付いてるのは、方解石だそうです。

今日から現場です。
日光に当たると、皮膚にブツブツができて、かゆくなるので、一日長袖。暑いなぁ。
さぁて、行ってきまぁす。

 
YASU師匠!おはようございます!!
きゃ~、師匠こそ、おほめてもなっても、何もでませんよ~(笑)
いぃなぁ~きれいなだぁ~、ってだけで集めてるので…。のんびり蛍石を眺めて過ごしたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

蛍石(ドイツ)

Fluoritegm4 R00100911

Frohnau,Annaberg,
Erzgebirge,Germany
45×40×15mm(結晶サイズ9mm)

蛍石と重晶石と方解石…

5月頃、階段から落ちて痛めた左足。
うーん。未だに腫れが引きません。色が多少黒くなっていて、触るとガタンと段差ができています。
でも痛みはなくなってるからと、ちょっと正座をしてみると、足首からさらに腫れてきてしまいます。

はて、どうしたものか…と、先日久しぶりに会った友人に聞いてみました。
すると「それは…捻挫じゃなくて、骨折かひびが入るかしてるんじゃ?」うーん。。。。???でも、もう痛くないしなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteohio2 Fluoriteohio3

Clay Center Ottawa Co.,
Ohio USA
65×35×40(結晶最大15mm)

また、先日のとは微妙に趣が違う…。表面が皮膜に覆われてるのは、同じなのですが。
結晶表面のガタガタは、見ていて面白いです。飽きません。

 

梅雨も明けていないのに、もう夏バテ?風。。。最近、また体調が悪く、会社の皆には、もう夏バテなんだね~、と言われています。
来週から、延び延びになっていた現場が始まります。2週間ほどの予定ですが、日を遮るものが無い場所での作業なので、熱中症には十分注意したいです。
塩分と水分!!オペさんは、食塩を持ってきて舐めています。私も岩塩の標本を持っていって、舐めてようか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteohio Fluorite_usa22 Fluorite_usa21 Fluorite_usa23

Auglaize Quarry Junction,
Ohio USA
60×50×20mm(結晶2~3mm)

蛍光性とラベルに書いてあったので、ブラックライトを当ててみたら、白っぽく変色しました。ただ、結晶の表面は被膜に覆われて、色の変化が見られず、結晶が破断面している部分で確認しました。
紫色の方の蛍石周辺にある白い部分は天青石だそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

蛍石(ドイツ)

Fluoritegm1 Fluoritegm3

Frohnau,Annaberg,
Erzgebirge,Germany
27×25×15mm

何か古い標本みたいです。うん。結晶に付いてる黄銅鉱(かな?)は古~って感じです。でも、蛍石自体はテカってるし、趣深い感じがあって○。
 

だるいだるい。ダルダル星人です。
先日同窓会があって、久しぶりに大学の近くに行ってきました。お医者に止められていたお酒を久しぶりに飲んだら、二日酔いにはならなかったのですが、お腹ん中の調子が今ひとつです。おなか右側の上の方に、違和感がある感じ。は~。最近、サボって医者には行ってないのですが、一回いこうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

使用前使用後みたいな…

おはようございます~。

YASU様のところのピンク蛍、今日到着予定なのですね!すっごく楽しみです!!今週末にはサイトにアップされるのでしょうか?わーっ早く見たいです☆

昨日のイリノイ産の蛍石ですが、まさにノリノリ様のところで購入しました。新宿の時といい、同じものを見ていらっしゃったのかと思うと、何か妙に嬉しいです!
イリノイ産はいくつか持っているのですが、母岩付きのは持っていなかったので、以前から欲しいなぁ~と思っていたんです。

 

この標本、昨日も書いたように全体に色調が暗めなので、そのまま室内に置いておくと以下のような感じです。

Photo_2

ところが、ライトを当てると

Photo_3

パッとにぎやかになります。この落差がわたしの中ではツボでして…良い感じです。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

蛍石(アメリカ)

Fluoriteusa1 Fluoriteusa2 Fluoriteusa3

Minerva#1 Mine,
Cave in Rock,Hardin Co.,
Illinois,USA.
110×80×60mm

母岩は閃亜鉛鉱です。
全体に色調暗めです。ライトを当てないと結晶の色も判然としないくらいです。一番でっかい青い蛍石なんて、色が暗くて閃亜鉛鉱と溶け込んで見えるくらいです(大げさ?)。
ところが、ライトを当てると一転して、写真のように綺麗な結晶の色が現れます。
この落差が何とも言えず、大好きです。

先日、はぁ~イリノイかぁ…と感心(?)してしまったので、何となく今日はもう一個同じイリノイ産を。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

蛍石(イギリス)

Fluoriteuk Fluoriteuk2

Frasers Hush Mine
Weardale,County Durham
England
75×50×35mm

古い標本だそうです。
メキシコ産なんかと違って、じみ~な紫なのですが…。
何と言えばいいのか分からないのですが、…良い色です(笑)
基本的にはパステル調の色彩が好きなのですが、とても気分が落ち着くので、こういう地味な色も好きです。この標本もとても気に入っています。
あぁ、自分、語彙少なすぎ。
 

YASU様☆
こんにちは~。
ピンク蛍!すっごく楽しみにしてますっ!あそこは蛍石だけじゃなく、煙水晶もすご~く綺麗ですものねぇ。。。いいなぁ。
イリノイ、そんなに値が上がってきてるんですか?うーん。なかなか手が出せなくなるのかなぁ。先日の青い単結晶の子は、少し前に買ったので、たしか安かった…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

蛍石(モロッコ)

Fluoritemorocco1

near Tinjdad Morocco
13×12×7mm

写真には写ってませんが、肉眼では微かに…非常に微かに…(暗い紫に見える)ゾーニングが見られます。
結晶をのぞき込むと、母岩がよく見えて、白い芝が生えてるようです。写真には撮れませんでした。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

蛍石(ロシア)

Fluoriterussia01 Fluoriterussia02

Nikolaevskiy Mine,
Dal'negorsk,Russia
50×35×30mm(結晶最大8mm)

透明な石って、上手く撮せません。やっぱり。。。
でもまぁ、フィルムがないのを良いことに適当に撮してれば、いつか…(笑)
色味は、1枚目の方が近いかな。

この標本は、蛍石の他に水晶や方解石が付いてます。何だかさざれ石のような外観。。。
水晶の先を透明な蛍石が覆っているのですけど、本当に蛍石が透明なので、水晶の先端までよく見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

蛍石(アメリカ)

Fluorite_usa72

Rosiclare Level Cross-Cut
Orebody,Minerva Mine#1,
(Ozark-Mahoning Compan)
Cave-in-Rock,Illinois
16×16×13mm

だる。。。
あれ~?もう、日曜が終わっちゃう。わたし土曜日って過ごしたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

危ない取り締まり員

先日仕事で都内に出た折、駐車違反の取り締まりをやっているところを、初めて見ました。
わたしは田舎に住んでいるので、なかなかこういった光景を見られないです。

その道は片側3車線の大通り。左折レーンに駐車していた車を、割と高齢の取り締まり員がチェックしていました。
その車は左折レーンにとまっていて、まぁやっぱり迷惑です。取り締まり員の人たちは遠巻きにその車を眺めていて、やおら片方の人が車の前方にまわりこみ、デジカメで写真を撮り始めました。

ここまでは「おぉ~!取り締まってる~!初めて見たぁ!!」って感じだったのですが…

問題はもう一人の取り締まり員。

この人は相変わらず車のまわりをウロウロしています。
その道は結構車通りが多かったのですが、彼は中央の車線のど真ん中でのんびりとしていて、とても危険そうな雰囲気なのです。
(タダでさえ無断駐車で1車線塞がってるのに、この人がもう1車線占有して、右折レーンしか残ってない感じ。通過する車の運転手からみれば、予測不能にウロウロ動く分だけ無断駐車よりタチが悪いんじゃないかしら?)

しかも、通り過ぎていく車にクラクションを鳴らされていたのですが、全く気にしていないみたいなんです。…というか、クラクションの原因が自分だと気付いてない感じでした。
う~ん。。。あれは、いつか轢かれるぞ!!と思いました。

ちなみに、取り締まられていた車はどうやら商品の配達中だったようで、ライトバンの後ろが開けっぱなしになっていて、中には商品と思われるたくさんの小さい箱と折りたたんだままの台車が載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(アメリカ)

Fluorite_usa5 Fluorite_usa4 Dsc01957

Grant County,New Mwxico USA
90×25×35mm(結晶最大7mm)

紫色で八面体の結晶。
3枚目の写真、おっきい方の結晶は「むらさき~!」に見えるけど、小さい方は、紫部分の外側を透明な部分が覆ってる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

OpenMGを携帯でききたい。

着々と、携帯電話の利用方法を学習しています。
他の人の携帯と赤外線通信とか、テレビやHDDレコーダーのリモコンとして使うのとかも覚えました。(でも電波の届く範囲が狭いので、リモコンとして使うのはイマイチですね。)
もう、完全にやらなくてはいけない勉強の方向性を間違っています。(しかも、利用法内容のレベルが低っ!)あぁ~、携帯電話なんて、試験終わってからでも良いのにぃ~。

で、最近はBluetoothレシーバーを使って、音楽を聴く方法を覚えました(苦笑)。
でも、au Music Port のショップって、まだまだ楽曲数が少ないですよね。CDからも携帯に転送できるけど、はやくがんばって欲しいところです。

ところでこれとは別に、わたしはパソコンがVAIOなので、PC上の音楽はSonicStageで聴いています。Yahoo!ミュージックで曲をダウンロードしたりしています。まぁ、こっちも楽曲数少なくてガッカリすることが多いですが、折角ですからこちらで落とした曲も携帯で聴きたいです。
でも、そのままだと、OpenMGの音楽って携帯に転送できません。

そこで、OpenMGを他の形式(WAVやMP3等)へ変換する方法を検索しました。

その結果、「教えて!」のページで見つけることができました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=944916

方法としては、2種類あるようです。

  1. OpenMGを再生して、オーディオキャプチャソフトでキャプチャーする。
  2. 海外のフリーソフト「HiMD Renderer」を使用する。

これらの方法について、試してみました。
前者については、音質の劣化が避けられないとのことですが、わたしはあまり耳が良くないし、こだわりも無いので、それほど気にならなかったです。変換する曲や使ったソフト、パソコンの環境等にもよるかな?上記とは別のサイトで高い音領域での劣化が大きい…と読んだこともあります。

後者の方法はかなり簡単でお手軽です。以下のサイトで解説が載っています。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/Transcoders.html#HMR
この解説の中で、

『Hi-MD Renderer で変換できる OpenMG ファイルは再生するためのライセンスを保有しているものに限る。 SonicStage で再生できない OpenMG ファイルは変換できない。 Hi-MD Renderer は単に SonicStage で OpenMG ファイルを再生した結果をファイルに保存するだけのソフトである。Hi-MD Renderer は OpenMG による DRM (デジタル著作権管理) を破るソフトではない。この点を誤解しないように。』

という説明があります。
つまり、このソフトを用いた変換は、もとを質すと原理的に1)の手法と同じで、一連の作業をこのソフトが自動でやっているだけ…ということでしょうか? 1)みたいに、デジタル→アナログ→デジタルなのでしょうか?
これを見ると、私的利用に限定すれば「このソフトを用いた変換は違法ではない」という風に読み取れます…が。。。ん~~~~。どうなのでしょうか。よく分かりません(苦笑)
解釈が違ってるとイヤので、大丈夫なのかどうか、もうちょっと調べたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(カナダ)

Fluorite_canada28 Fluorite_canada25

カナダの茶色いヤツ
Canada Crushed Stone
Quarry,Dundas,Ontario,Canada
40×35×45mm(結晶最大8mm)

結晶の中心が淡い黄土色?みたいな色調。
結晶は、面がテカテカしてて、シャープな感じ。

 

YASU様
こんにちは。
シャモニー産!!楽しみにしてます。7桁ですか!?すごいです。見たい!!見たいです!!!
このシャモニー産以降は、アップをしばらくお休みとのことで、ちょっと…いや、かなり寂しいです。でも、鉱物収集&鑑賞って、息の長い趣味ですものね。今後ものんびり長く続けていけたらよいですね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

蛍石(スペイン)

Fluorite_sp21

Jaimina Mine,Caravia,Asturias,
35×35×20mm(一番大きい結晶12×12×7mm)

はぁ~。だる~。
勉強しなきゃぁねぇ~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

蛍石(イギリス)

Fluorite_uk8 Fluorite_uk9 Fluorite_uk10

Rogerley Mine Frosterly County Durham
60×60×20mm(結晶最大6mm)

小さな結晶がびっしりです。
2枚目、日光で蛍光したところです。
この標本は、遠目には一見透明なのですが、近くで見ると紫と緑の累帯構造があります(3枚目)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

受験票

ただいまです。
先ほど帰ってきたら、技術士二次試験の受験票が届いていました。
いよいよです…。。。
 
試験会場は一次試験の時にも使ったことのある場所ですが、ここってエアコンあったかなぁ…。
何号棟を使うかによっても違うかな。重大な問題です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(中国)

R00101501 R0010153 R0010154

De An Mine,Jin Jiang,
Jiang Xi Prov.,China
110×90×45mm(最大結晶40mm)

色が再現できてない…かなぁ。。。不思議な色合いです。
3枚目、割れた結晶の断面です。結晶の中心は緑色で、外側を紫色が覆っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤鉄鉱(中国)

Ironrose

赤鉄鉱 
中国、広東省、楽昌(Lechuang)
70×30×35mm

久々に、蛍石以外。
鉄のバラです。どうも、テカってませんが、まぁバラっぽいということで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

蛍石(スペイン)

Fluorite_sp22 Fluorite_sp23 Flurote_sp24

Papiol quarry,Barcelona,Spain
45×40×20mm

現場から帰ってきましたぁ~。

 

YASU様
こんにちは。
意見だなんて、そんな、大それたものじゃないんです!!
ただ、わたし(自身)は蛍石をちゃんと保管できてなさそうだなぁ…大丈夫かなぁ…と考え込んでしまったのです。
つねづね自分の保管方法や鉱物の状態を心配していたのですが、YASU様の記事を読んで、「やっぱり大事にしたいよね!!」とあらためて実感したというか…
YASU様の保存方法の紹介、とても参考になりました。油分の話とか、なるほど!です。鉱物を紹介している本はあっても、(日本の環境に合わせた)鉱物別の保管方法を記した参考書って、あまり無いですよね。。。みなさん、どうやって勉強なさってるんでしょう。
YASU様には、いつも色々なことをご教授いただいて、本当にありがとうございます!!!
特集の記事とかって、書くの大変そうだなぁ…と思うのですが、正直すごく楽しみにしています☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

au Music Port

au Music Port を使うべく、パソコンにドライバーとソフトをインストールしました。

マニュアルによると、

  1. USBドライバーのインストール
  2. au Music Portのインストール
  3. 携帯電話を接続。使ってみよう!

という簡単な手順が書かれている。

でも、実際はもうちょっと細かく作業したので、以下にインストールした際の内容をメモ。

携帯:W44T
パソコン:SONY VAIO(VGN-T90S)
OS:MicroSoft XP HomeEdition SP2
メモリ:1GB

  1. ファイアーウォールを停止させ、念のためウイルス対策ソフトも停止。
  2. USBドライバーのインストール(ここで、下図のような、ちょっと不安を感じさせるウインドウが…でも、無視して続行。)
    Err_1
  3. au Music Portのインストール、その後再起動。
  4. 勝手にアップデートプログラム?が起動。
  5. 再起動すると、ウイルス対策ソフト類がまた稼働してしまうので、一応、これらを再び停止。
  6. アップデートしてまた再起動。
  7. 携帯とパソコンを接続・au Music Portを起動
  8. 何やら、携帯を認識していない模様。(ユーザーを新規で設定しようとしたら、『パソコンのみで使うならそのまま作業を進めて、そうでないならキャンセルして、携帯を接続してからもう一度作業もう一度やれ』という旨のメッセージが出た。もちろんキャンセルした)
  9. 「ん~?」と思っていると、『新しいハードウェアを発見しました』と追加ウイザードが立ち上がる。発見されたのは『auW44T』とのこと。
    「マニュアルと違うなぁ…」と思ったので、とりあえず一度キャンセル。携帯をはずして、もう一度接続し直してみる。でも、やっぱり認識されていない。またハードウェアの追加ウイザードが立ち上がってしまう。
  10. じゃぁ…と、そのままウイザードの流れに身を任せてみる。(WindowsUpDateに接続しますか?というメッセージには「今回は接続しない」を選択。その後は、「次へ」とか「続行」を選択して進める。無事ウイザード完了。)
  11. 携帯が認識されたので、今度こそユーザー設定!無事、au Music Portで携帯操作が可能になりました。

マニュアルだと、携帯電話をau Music Portが自動認識するようになっていましたが、わたしの場合は別口で認識させる必要があったようです。無事使えたので、結果オーライ。

さぁ、始業時間なので、お仕事開始します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

W44Tさわりくらべ。

いろいろ、携帯をいじってみたのですが、なかなか難しいです(笑)
パソコンの方が簡単かも。。。でも、パソコンもそうだけど、コツを覚えてしまえばきっと自在に扱えるはず!!

今まで使っていた大昔の携帯より、ずっと高機能なんだけど、その分ちょっぴり動作がのんびりな気がします。
今はそういうものなのかな?
わたしはせっかちなところがあるので、機能を終了させたり、キャンセルしたりするときに、(パソコンのEscキーを連打するノリで)ついついボタンを余計に押し過ぎちゃう。

まぁ、苦になるほどじゃないので、別にいいんですが、遊び心でわたしの『W44T』と旦那の持っている『W33SA』をちょっとだけさわり比べてみました。

すると、やっぱり旦那の『W33SA』の方が全体に動きが軽やかでした。ホントに微妙だけどね。一番差を感じたのは、カメラの起動時間かな。写真が撮れるようになるまでの時間が、『W33SA』の方がずっと早かったです。でも、ピント合わせは『W44T』の方が早かった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »