« 自分が言い訳しないために1 | トップページ | 蛍石(フランス) »

2006年6月27日 (火)

自分が言い訳しないために2

さきのTさんの台詞は、普通に『上役が経営陣の非力を平社員に謝った図』として捉えているのですが、まぁそれはそれとして…。でも、平社員が無知なのは、平社員自身のせいだ! とわたしは考えているのです。

よく「大きな会社で大きな業務に携わっていないと、技術士の合格は難しい」という話と「そんなことはない」とそれを否定するコメントを目にします。
わたし自身は「そんなことはない」という意見に一票を投じたいのですが、なぜ「そんなことはない」のか、という説明には不十分さを感じます。

その説明には、以下のような論調が多いように思います。

  • 技術士の試験は時間も原稿枚数も限られているので、そんなに大きな業務について書こうにも、書ける部分は少ない。むしろ問題を一点に絞らなくてはならない。
  • 小さなルーチン業務しか担当したことなくても、何年も業務をやっていれば、かならず問題に直面したことがあるはずだ。それを原稿にすればいい。
  • 技術士に求められるのは、大きな業務をしたことがあるか?ではなく、問題にあたったときに、現場に合わせて問題を解決できるか?という能力なのだから、経験業務の大小は関係ない。

個人的には3番目の説明が好き…(笑)
でも。。。
どの説明も「そうは言っても、やっぱ、おっきな会社に勤めてないと難しいよね。だって、ボーリング掘って、N値からC,φだして、お終いだぜ?」なんて言っている人間に対して、優しすぎる!!!

違う。会社とか経験とかじゃない。試験に落ちたらそれは自分のせい。

なぜ、技術士の合格に、会社や業務の規模が関わりないのか?
どんな理由を挙げたとしても、結局、結果の是非をまわりのせいにしているうちは、技術士なんてとんでもない!ダメダメなんだ!!ってこと。

大きな会社じゃないと合格できない…と本当にそう思うなら、会社を変わればいい。まさに直面した問題の解決じゃん(笑)(そんなことで受かると思わないけど)
だから、Tさんに謝られるすじあいはない。
わたしは、自分に言い訳をしてはいけない。

薄らぼんやりとしていると、どうせわたしなんて…と口をついて出てしまいます。気をしっかり持たなくては。
しっかり!

そろそろ、みんな帰ったので勉強を始めます。

|

« 自分が言い訳しないために1 | トップページ | 蛍石(フランス) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166501/10701685

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が言い訳しないために2:

« 自分が言い訳しないために1 | トップページ | 蛍石(フランス) »