« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

蛍石(アメリカ)

Fluorite_usa1 Fluorite_usa_colorad01 Rimg0002

Sweet Home Mine,
Alma Colorado,USA
40×30×20mm (結晶3~4mm)

ちびっこい。結晶は、中心が水色で、外側が紫。
この標本は、菱マンガン鉱は付いてません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

携帯いじり

W44T、買ってきました!
予告通り、火星の赤です。

今まで使っていた携帯が古すぎるので、今度の携帯に慣れるのはやっぱり大変そうです。
何しろ今までのは、カメラすら付いていない時代のですから。。。

カメラ…側面のボタンを長押しすると、起動するのですね。お手軽ですね!
AFがついてないという話でしたが、どのくらいからピントが合うんでしょう?カタログ…色々書いてあるのですが、どこに何が書いてあるのか、分かんないです(笑)
実際にやって覚えた方が良いかなぁ。
下、マクロ機能で接写した写真です。初撮影。サイズは640×480。

Ts370001

ピントが合ってませんね。被写体から5cmくらいの距離で撮影しました。写真をアップにしてよく見ると、画像左下の方、デスクの表面にピントが合ってます。デスク表面までは10cmくらい…かな。
う~ん。カメラのディスプレイではピントがあったと思ったのだけどなぁ。。。まぁこんなもんか。露出調整が簡単で良いですね。

また旦那に「おまえは、お子様ケータイで十分だ。そんな高機能のケータイ、無駄遣いだ」と言われたので、ほか色々さわって覚えます。
リスモ?もやる。パソコンが関わるなら、何とかできそう。

携帯をいじりたいので、今日はもうお家に帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆W44T本日発売☆

おはようございます。
今日は、ねらっている携帯『W44T』の発売日です。

昨日、店頭で見本を見てきましたが、

  • マーズレッド
  • プレアデスシルバー
  • ネプチューンブルー
  • コメットブラック

のうち、わたしはですね!
ずばり河成…じゃない、火星です!!

実物を見る前は、つや消しだし、青にしようと思っていたのですが、実物を見たら、やっぱりつや有りがいいなぁ…と思いました。
つや有りは、黒か赤。黒いのも好きなんだけど(現に今使ってるケータイは黒)、でも黒い方は何か指紋がベタベタ目立ってたので(笑)
シンプルなデザインも手伝って、赤でも落ち着いた雰囲気があるから、これがいい。これにしよう!!と決めました。

今日、夕方に機種変してこようと思います。

ところで、素朴な疑問なのですが、プレアデス星団って青いですよね。なんでシルバー?コメットも…なんで黒?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

蛍石(スペイン)

Fluorite_sp20

Jaimina Mine,Caravia,Asturias,Spain
35×35×20mm
(一番大きい結晶12×12×7mm)

とーめいな蛍石。あと重晶石やら黄鉄鉱やら。。。

ただいまです。
お腹痛いので、もう寝ます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

蛍石(フランス)

Dsc00277

La Barre Puy-de-DomeAuvergne,France
75×35×20(結晶最大8mm)

ん~???すっごく、変な色合い…な印象を受けます。
よくよく、結晶一つ一つを見ると、別に不思議じゃないんだけど。ん~。。。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自分が言い訳しないために2

さきのTさんの台詞は、普通に『上役が経営陣の非力を平社員に謝った図』として捉えているのですが、まぁそれはそれとして…。でも、平社員が無知なのは、平社員自身のせいだ! とわたしは考えているのです。

よく「大きな会社で大きな業務に携わっていないと、技術士の合格は難しい」という話と「そんなことはない」とそれを否定するコメントを目にします。
わたし自身は「そんなことはない」という意見に一票を投じたいのですが、なぜ「そんなことはない」のか、という説明には不十分さを感じます。

その説明には、以下のような論調が多いように思います。

  • 技術士の試験は時間も原稿枚数も限られているので、そんなに大きな業務について書こうにも、書ける部分は少ない。むしろ問題を一点に絞らなくてはならない。
  • 小さなルーチン業務しか担当したことなくても、何年も業務をやっていれば、かならず問題に直面したことがあるはずだ。それを原稿にすればいい。
  • 技術士に求められるのは、大きな業務をしたことがあるか?ではなく、問題にあたったときに、現場に合わせて問題を解決できるか?という能力なのだから、経験業務の大小は関係ない。

個人的には3番目の説明が好き…(笑)
でも。。。
どの説明も「そうは言っても、やっぱ、おっきな会社に勤めてないと難しいよね。だって、ボーリング掘って、N値からC,φだして、お終いだぜ?」なんて言っている人間に対して、優しすぎる!!!

違う。会社とか経験とかじゃない。試験に落ちたらそれは自分のせい。

なぜ、技術士の合格に、会社や業務の規模が関わりないのか?
どんな理由を挙げたとしても、結局、結果の是非をまわりのせいにしているうちは、技術士なんてとんでもない!ダメダメなんだ!!ってこと。

大きな会社じゃないと合格できない…と本当にそう思うなら、会社を変わればいい。まさに直面した問題の解決じゃん(笑)(そんなことで受かると思わないけど)
だから、Tさんに謝られるすじあいはない。
わたしは、自分に言い訳をしてはいけない。

薄らぼんやりとしていると、どうせわたしなんて…と口をついて出てしまいます。気をしっかり持たなくては。
しっかり!

そろそろ、みんな帰ったので勉強を始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が言い訳しないために1

問題集を見ながら、分からない自分に苛立ちを感じてしまう。
自己の不足を実感せざるを得ない。
すごい、自信ない。めちゃくちゃ、自信ない。
でも、ただそれに甘んじていてはいけない。

上司Tさんが海外出張する直前の頃のことです。
Tさんに謝られました。
「申し訳ない。うちの会社じゃ、十分な実務経験を積ませてやることができない。」
↑あ~。この字面だけだと、クビを宣告されてるみたいですね(苦笑)

うちの会社は地質調査の会社です。地盤が砂でできているのか?粘土でできているのか?地盤がどのくらいの強さを持っているのか?構造物の設計・施工前に、これらについて調べることを生業としています。
社内に設計屋さんはいないので、本当に調査しかやらない、いわゆる『調査屋さん』とか『ボーリング屋さん』と呼ばれている部類の小企業です。

うちの会社は本当にボーリングのみなので、技術士として必要な工法の知識は、原則としては本を読むしかありません。民間の建設会社さんの仕事がもう少し多いといいんだけど、会社の方針として(?)公共事業主体な為、施工の場に参加することが極端に少ないのです。(民の仕事が主体の上司Tさんは、肩身が狭い…それって間違ってると思う)

その日わたしは、盛土工法の本を読んでいて、分からないことを上司Nさんに聞きにいきました。お話し好きのNさんはとても親切な方で、とても詳しく教えてくれます。しかし、盛土現場を見たことのないわたしは、なかなか要領を得ることができません。(というか、もともとわたしは理解がゆっくりな方で、Nさんは頭の回転が速いタイプ)
…で、工法について素朴すぎる(と思われる)質問を繰り出すわたしに、Nさんはとうとう「そんなことも知らないで、調査やってたのか?」といいだしました。

そんなとき、見るに見かねたTさんが割り込んできたのです。
「ちょっと待てN。そりゃぁないよ。おまえは若い頃、散々施工を見てきただろうけど、おまえはこの会社で、盛土施工に関わった仕事を受注してきたことがあったか?」
「………。」
黙ってしまったNさんを背に、Tさんはわたしに向き直り言ったのが先の台詞。
「申し訳ない。うちの会社じゃ、十分な実務経験を積ませてやることができない。」

やっぱクビですか?(笑)

 2へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

蛍石(ドイツ)

R0010124 R0010125

Frohnau,Annaberg,Erzgebirge,Germany
40×25×20mm

試験を前に、こんなことしてる場合じゃないのは、重々承知ですが…
鉱物を愛でたり、綺麗な風景を見たり(録画したプラネットアース、何回も見ています(笑))するのは心の拠り所なので、続けたいです。

YASU様
こんばんは~。
わたしの住まいは埼玉です。どこかの標本屋さんとかでお会いしてるかも知れませんよね。。。
ルーマニアの蛍石…結晶が50~100個もついてるのって…うわぁ、そんな標本があるのですか!?きっと壮観でしょうねぇ…。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月にむけて

4月に勢いで申し込んでしまった資格試験。
最近は試験勉強…、めちゃめちゃモチベーション下がりまくりです。
体調を崩すと気分も滅入っちゃうものですが、もともとサボり魔な性格が災いしていることは、言うまでもありません。

会社では、わたしが資格試験の受験することは(鬱病の人対策などで)基本的に秘密…ということになっています。しかも、わたしの受験を知っている唯一の上司(←「社内では内緒にしておいて」と言った張本人の役員)は、海外出張でいなくなってしまいました。

この状況で、モチベーションを下げているというのは、『わたしは自己管理ができません』と言っているのと同じです。これから8月上旬の試験に向けてラストスパートなのに、大ピンチです。
というわけで、ここで状況を晒すことで、自分を追いつめていきたいと思います。

受験する試験:技術士第二次試験
受験部門:建設部門(土質及び基礎)

「基礎」の分野は専門外なので、対策勉強は「土質」一本でいきます。
実は一次試験は応用理学部門で合格しているので、本当は二次も応用理学部門(地質)で受けたい気持ちが少しあるのですが、現在の業務内容やわたし自身が今後どの分野で勝負していきたいかを考え、建設部門としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

新しい携帯

宣言!

今回こそは、ケータイを買い換えます!!!

未だデジカメの付いていない時代のケータイを使っている自分ではありますが、今回の夏モデルで買い換えます!!(パソコンは使えるのに、その他の機械は苦手なので、会社でバカにされ続けています!)
今の機種は、電池の持ち時間が悪くなったばかりか、充電器の調子が今ひとつで、いつ充電できなくなるか分からないので、今回の買い換えは絶対です!!!

今のところ、ねらっているのは、今使っているのと同じメーカーで『W44T』という機種。
心配な点がいくつかあるので、実機をさわってみたいのですが、自宅近くのAU店では実機はおろか、カタログすら『まだ、いつ来るか分からないんですぅ~。申し訳ありませぇん~』と言われてしまいました(その甘ったるいしゃべり何とかして…(苦笑))。この週末の話です。。。ネットでは、発売日が6月下旬ってなってるのに…。
機械の使い勝手を覚えるのが苦手なので、同じメーカーを…と思ったのですが…はたして、鬼が出るか蛇が出るか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(ルーマニア)

R0010144 R0010139

Cavnic,Romania
80×50×40mm(蛍石結晶8mm程)

写真には写っていませんが、母岩…これなんだろう。
粘土鉱物くさい真白の母岩に黄鉄鉱の結晶がわんさと付いています。で、その母岩から水晶がにょきにょき生えて、その表層を写真のようなに苦灰石?か何かが覆っています。(結晶見て苦灰石かなぁ?と思っただけで、素人なわたしにはよく分かりません。)
表題の蛍石は写真の通り、黄みがかった丸い結晶がポツポツと。。。表面に黄鉄鉱の粉がまぶされていてとても可愛いです。

YASU様
こんばんは~。フランスのピンク蛍石。購入した店は確かにタイムゾーン様です(たぶん(笑))。わたしが購入したのは初日午前中でしたから、近い時間にYASU師匠とニアミスしていた(しかも同じ標本を見ていた)のかと思うと、嬉しいやら(お会いしたくて)悔しいやら。。。(苦笑)
ここのお店の店主様は、『標本を採取している方から直接仕入れているので安くできる』…とのことで、『また今年、新しいのがあれば、仕入れてきます』とのことでした。いつもの行きつけのお店とは違うのですが、一度荻窪?のお店にも行ってみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

蛍石(フランス)

Fluoriter0010247_1 Fluoriter0010215_1 Fluoriter0010219_1

Glacier,Argentiere,
Mont Blanc,France
30×20×20mm(結晶5mm程)

 

R0010238_1 R0010240_1 R0010239_1

Bassind' Argentiere
Mont Blanc,France
18×18×15mm

今年の新宿で買ってきたピンク達です!
あとフランスはずっと前に買った赤いヤツがあるのですが、上手く写真が撮れない(ピントが合わない…なんで?小さい単結晶だから?)ので、撮れたものだけアップします。

YASU様
こんばんは~。いつもコメントありがとうございます☆
と…とりあえず、ピンク…アップしてみました。YASU様のところの子達には及びませんが、ちまっこくて可愛いです。
スイス産はまだ持ってないのですが、気持ちをながぁ~く構えて、いつか出会えたらいいなぁ、と思います。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

煎餅

昨日は役所の打ち合わせの帰りに煎餅を買って帰りました。
上司の『煎餅買うぞ!』という鶴の一声で…(笑)
しかも、上司は役所に来ていた知らないおばさんを捕まえて『この辺で美味い煎餅屋はどこ?』とナンパ。聞き出した煎餅屋にレッツゴーでした。

帰社後はみんなで煎餅の品評会。同じ醤油味でも、結構お値段(松竹梅)で味が違うもので、わたしのような味音痴にも違いが分かりました。

それにしても上司Wさん。いつもいつも、道行く知らない人に話しかけるのやめて~、恥ずかしいよぉ。変な顔されてるじゃん。昨日話しかけた理容院のおじさんなんて、話し好きで煎餅屋まで付いて来ちゃったじゃん。
『変なおっちゃんやなぁ~』
って、Wさんも変なおっちゃんだって思われてるかもよ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

蛍石(アメリカ)

Dsc00297 Dsc00301

Rosiclare Level,Cross-Cut Orebody,Minerva Mine#1
Ozark-Mahoning Company,Cave in Rock,Illnois
U.S.A.
(1993年採取)
45×35×30mm

考えてみれば、イリノイの蛍石はいくつも持ってるけど、ひとつもアップしてなかったなぁ…ということで。。。
写真の標本は、紫色が濃いので、会社にあったライトテーブルに置いて、写真を撮りました。

ネットをうろうろしていたら、アメリカのサイトで蛍石の論文を見かけました。
イリノイ~ケンタッキーの蛍石鉱化作用は、1)ペルム紀後期以降 とする説と 2)ジュラ紀後期 とする説があるようですね。ずいぶんとまぁ幅が広いですが…(あ~。もと文献が英語なんで間違ってるかもしれません。わたしは、英語はサッパリです)。母岩の堆積岩は、石炭紀のものですか?Mississianって書いてある。
ふ~。。。そんな昔のものがこの手のひらの上にあるのは、すっごく不思議です。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

父の日と母の日

目の前に、ワインがあります。
お腹の調子が悪いので、ここのところお酒は控えているのですが、
この月曜日、娘がわたしにプレゼントしてくれたのです。

しかし、ラベルには、娘の描いた絵とともに『お父さんありがとう』の文字が!!(笑)

旦那はお酒を一滴も飲まないので、わたしの所に持ってきたのでした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

受注

昨夕6時半頃、とある建設会社から営業宛に仕事の依頼がありました。
しかし、営業はとっとと帰ってしまっていたので、技術部の人間が用件を聞きました。(いつも6時には営業はいなくなってしまうんです。帰るの早すぎです。)
今日も、同じ方から営業宛に電話があったのですが、結局営業部には一言も伝わることなく、実務が開始されることになりました。

ほう・れん・そう…が、なってない。。。と言われそうですが、実は今回の件に限らず、うちの会社は、民間のお客様から営業宛に電話がかかってきても、電話を営業にまわすことはまずありません。
営業部に電話をまわそうにも、電話に出るのを嫌がる(そして出ない)か、出てもすぐ技術に電話を戻してくるからです。見積もりも技術部が作ります。

「えぇっ!営業なのに、客からの電話に出ないぃ?見積もりまで?じゃぁ営業って、何やってるの?」
と、他業種の友人に驚かれましたが、…それは役所への名刺くばりです。それだけです。あとは、まぁ………なんですか。うん。まぁ…ズバリ時代遅れです、こんな営業。

うちの会社の売り上げは、公共事業が大きなウエイトを占めています。
国・地方問わず、国内全体で公共事業が縮小している…そんな今、やはり受注金額が縮小しているうちの営業が『打つ手がない』とか言っているのを見ると、おまえらバカか!と言いたくなります。

が、技術員として、いまだ一人前とは言えない自分は、『言いたくなる』までで押さえています。
っていうか、数年前まではあれこれ生意気にも言っていたのですが、ほぼ進言は「まぁまぁ、そんなに時代は速く変わらないよ」と無視され続けたので、バカバカしくって、もう言わなくなりました。

そんなわたしもダメさ加減は、五十歩百歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

おばかさん

6月に入ったあたりから、体調が優れません。
昨年の夏も胃を壊してぶっ倒れていましたが、また今年も夏を前にお腹の調子が…
医者の言によると、昨年のはどうやらストレス性らしく、年明けくらいまで引きずっていたのですが、年度末の頃には、忙しさにかまけて忘れていました。
暇になったとたんこれとは、一体どういうことでしょうか?暇だとストレスなのか、自分?
それとも、8月の試験が意外にプレッシャーだとか…? う~ん。わかんないです。
 
場所は胃…というより胃の右側あたり…。さらに、痛い…というよりも、「違和感がある、なんか腫れぼったい」…という感じです。(痛いのはむしろ左足首。えぇ未だに腫れてます…治ってきてますが) 
夕方になると、違和感が肥大化して、身を起こしているのが辛くなります。だから試験勉強もサボリ気味。イカンです。

ツライのに、今日は何でこんな時間に起きているか…というと、
さっき実家の父上から電話があったから。
「間違って、アダルトサイトに入っちゃって。無料って書いてあったのに、『入会ありがとうございます。入会金4万円』とか書いてあるんだけど…どうしたらいい?」
はぁ~?まったく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍石(中国)

Chinadsc00724 Chinadsc00725

中国 湖南省 遙崗仙 新化鉱山
35×40×25mm
この鉱山は、タングステン鉱床だそうです。
二枚目の写真、黒い針状の含有物は毛鉱です。

YASU様
こんばんは~。
>博識だなんて!そんなことはありませんよ。私の知識は蛍石だけで他の鉱物はからっきし駄目ですから。そんな良いことおっしゃっても何も出ませんよ(笑)
いえ、そんなっ!ほんとにお詳しいなぁと思っただけで…
それに、わたしの実生活では、鉱物に関心のある人がサッパリいないので、蛍石のこと教えてくださる方がいるのが、とても嬉しいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

蛍石(メキシコ)

Fluoritewaterr0010232 Fluoritewater0r0010236 Fluoritewaterr0010235

Naica Mine,Chihuahua,Naica,Mexico
70×55×40mm

母岩は閃亜鉛鉱や方鉛鉱です。
気泡がたくさん入っていて、その中に水が入っています。
このシールで指されている箇所以外にも、動く気泡を見ることのできる箇所が何カ所かあります。(写真じゃ分かり難いですが、めちゃくちゃ透明度がよいのでよく見えます)
2枚目と3枚目…気泡が動いているのが分かるでしょうか?(うーん。分かり難いですね…)

 
YASU師匠~!(笑)
またまたご教授ありがとうございますっ!!
アフリカの蛍石の色彩に水分の量が影響している可能性があるのですね。はぁ~『説』ということですが、初めて聞きました!師匠やっぱり博識です~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

蛍石(ナミビア)

Dsc02162 Dsc02164 Dsc02165

Okorusu Namibia
60×50×35mm(結晶最大13mm)

この標本の結晶は、2~3枚目の写真のように、全体が淡い黄緑色を呈し、隅が紫色となっています。そして、表層を色調の異なるグリーンの部分が覆っています。
なお、結晶サイズは5mm以下から10mm強までありますが、10mmを越える結晶では、グリーン部のさらに外側で青色の累帯構造がみられます。1枚目の写真はこれを上から見たもので、複雑な色彩を見せています。
…とまぁ、つまり一言で言えば、綺麗だなぁ…(笑)

今日から、直属の上司が海外出張へ行ってしまいました。
途上国でダムを造るための事前調査です。直前まで、準備でバタバタとしていたので、お土産頼むの忘れちゃったなぁ。。。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

蛍石(ペルー)

Dsc00722 Fluorite_peru11

Huanzala Mine,Huallanca District
Dos de Mayo Province
Huanuco Department,Peru
55×35×25mm

ペルー繋がりで今日もペルー。
ハ~デ~な感じです。

YASU師匠~!こんばんは~(笑)
いっつも、ありがとうこざいます!!
ペルー産のピンクも珍しかったんですね!『そういえば、あんまり見ないなぁ』…なんて、YASU様の特集を見ながら、今更ながらに思いました。
はぁ~猫に小判なのですが…師匠のもとで勉学に励みますので、今後も宜しくお願い致します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

蛍石(ペルー)

Fluorite_peru0jpg Fluorite_peru1jpg

Huanzala Mine,Huallanca,Dist,Peru
40×50×30mm

我が師YASU様(←勝手に仰いでるし(笑)。ごめんなさい~)のところで、ピンク色の蛍石を特集していました。大好きなスイス・フランス産にくわえ、ペルー産やパキスタン産の紹介もされていました。
で、そういえば、わたしもペルー産を持ってたなぁ~、と思い立ったのでこれをアップ。

この蛍石標本には『すっごく透明な結晶』と『白濁した成長線を持つ結晶』があります。
この写真じゃぁ透明度は分かり難いかな~と思いますが、成長線の方は1枚目の方でくっきりでています。いわゆるファントムというヤツですね。
色は写真よりもうちょっと薄い…かな。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もう一人子供を産みますか?

今日のニュースで「男女共同参画白書」の記事がありました。

未だ、出産によって退職してしまう女性が7割もいて、30代女性の労働率が低くなっているというのです。理由は「働きたい気持ちはあっても再就職が難しい」と分析されていて、「女性の再チャレンジ支援プラン」というのを策定したのだとか。。。

そりゃぁだめだよ。…って思いました。わたし自身、子持ちの女性社会人ですが、なんつーかダメです。。。
「再チャレンジ」なんて言葉を使うってことは、子供を産むということは、あくまでハンデであり、リタイアであるという意識がバリバリみえるじゃないですか。明日の社会を担う子供を産むということが、リタイア扱いなんですよ?!
何が再チャレンジですかっ!「時流を考えると仕方ないから、もう一度チャレンジする場を与えましょう」~なぁんて感じがして最悪です。
白書の中身を読んでないので詳細は分からないのですが、キャッチフレーズとしては印象悪いです。

確かに、理想は別として、現実社会を鑑みれば「当面の重要課題」という位置づけは、分からないでもないんですが、根本的にアプローチの思考が違ってる気がします。
少子化が問題視されはじめて久しいですが、再チャレンジの場を設けるから、もう一人子供産んでみる?と問われれば、わたしの答えはNoです。

じゃぁわたしの場合、どういう状態だったらもう一人子供を産むか?と考えてみたのですが、『それが当たり前』だったら産みます。たぶん。右に倣えで、ダメダメ日本人って感じですが。。。
またさらに、わたしは怠惰な人間なので、水は低きに流れるのと同様、ポテンシャルの低い方に流れていきます。就職に再チャレンジ!なんてエネルギーの要りそうなことより、継続する方が絶対得です。継続は力だし、中断すると再開するにはやっぱりエネルギーが要るんですよね。(最大)静止摩擦係数>動摩擦係数

だから、うそでも再チャレンジなんて思わせちゃいけないんです。子供を産む期間も(社会参加の)継続のうち。そして、それが当たり前。そういう環境&意識じゃないと、産もうとは思わない。
そもそも社会が、子供を産もうか どうしようか なんて、悩ませるようじゃダメなんです。あとで振り返ってみたら、仕事もバリバリやっていて、気がついたら子供が二人いた。…そんなんじゃないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

蛍石(スウェーデン)

Fluoriter0010249 Fluoriter0010237

Malmberget,Sweden
25×15×15mm

変わった産地…なのかな?
標本屋さんによると『個人の方が採取したものを仕入れた』のだそうで、特に鉱山とかじゃないようです。あんまり聞かない産地ですものね。
母岩に付いてた方が良かったなぁ~とは思うのですが、これはこれで色味が変わってて珍しいので良し…ということで。うん。この何色なんだかよく分からない色が好きです。

はぁ~。まだ足がじんわり痛いし腫れてる。左右で足首の太さが違うよぉ~。打撲でこんな長引くとは…。不便。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

蛍石(メキシコ)

Dsc00719 Fluorite_mxico

Naica (150km-SE Chihuahua),Chihuahua,Mexico
55×50×20mm(結晶最大で15mmくらい)

歪なサッカーボールみたい。
微妙に紫色のようです。写真を見ても分からないと思いますが、実物を見てもやっぱりわかりません(笑)。でも、光の加減で「あれ~?実は紫がかってる?」と思うときがあるんですよねぇ…

YASU様
いつもコメントありがとうございます。
>いいですね~!理想的標本です。
ホントですか!?すっごく嬉しいです!!
わたしも少しずつ見る目を養って、YASU様みたいに海外からオファーが来るくらい(←これ凄すぎです!!)素敵な標本と出会いたいです☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

蛍石(パキスタン)

Dsc02525 Dsc02521

Gilgit(N.A.),Pakistan
70×60×30mm

ラベルは上記の通りなのですが、ネットでパキスタン産のをみるとShigar Valley,Skardu.N.産ってなってるヤツに似てます。同じ地質なのか?ラベルが違ってるのか?でも、トパーズなんかも伴っていて、とても綺麗です。

櫻塚さま。
初めましてっ!!YASU様のサイトの掲示板でよく書き込まれてる方ですね☆
わたしも蛍石が大好きなのですが、身の回りに鉱物趣味の人がいないので、同じ趣味の人がいるんだと思うと、とっても嬉しいです!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

指を舐めるようになったら年寄り

仕事で使う資料・書籍を自腹で買うことがしばしば(いや、しょっちゅう)あります。
もちろん社費で買うこともありますが、だいたい半々ずつ…といった所でしょうか。規格基準書のたぐいは会社持ちで、それ以外の報告書に資料として使えそうな書籍は自分で…というのが多いようです。

自腹で買ったとはいえ仕事に使うのですから、これらの書籍は会社のわたしの机周りにおいてあります。そうすると、その本を使いたいなぁという人が借りていくことがあるわけです。まぁもっとも、借りていく人はだいたい同じメンバーで、わたし自身も他の人の本を借りたりすることがあるので、いっこうに構わないのですが…

上司Nさん!ページをめくるとき、指を舐めるのはやめてください!!!ベタベタとっ!!!

さぁて、おうちにかえろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

新宿ショー

新宿ショー。疲れたです。。。人が多いところは苦手なので、年々滞在時間が短くなっている気がします。金曜日の午前中参加で疲れているようじゃ、土日なんて…とんでもないんだろうなぁ…はぁ。
とはいえ、ショーは絶対欠かせません。いつも招待チケットをくれる標本屋さま、本当にありがとうございます。

購入した子達ですが、いくつかあるのですが…。そう!前から欲しいと言っていた、ピンク色の蛍石を手に入れてきました!といってもスイス産じゃなくて、フランス側ですが…。煙水晶のうえについてるピンク色の八面体で、色味とかスイス産と同じというか何というか、産地すぐそばじゃん…というか。で、異常に安かったんです(←重要(泣))。
本当はフランス産のピンク色って、実は一個持ってたんですが、色がピンクというよりでして…(それはそれで良いんですが)本当のピンクは憧れでした。。。そのうち、写真を撮る余裕があれば、アップしたいです。(まだ自分用カメラ買ってないし、旦那の一眼レフ使えないし…試験勉強しなくちゃいけないし(汗))
なお、スイス側のピンクは継続課題として残っています。『人間の引いた国境に意味があるのか?産地はフランス側だろうがスイス側だろうが、成因が同じなら一緒じゃないのか!?と思いますが、わたしも人の社会に生きているので国境にも意味があります…そういうことにしています(笑)

あと、親子連れとか多くて羨ましかったです。わたしも娘を連れて行きたかった。ん?っていうか、わたし参加したの金曜の午前中だぞ!子供、学校どうしたんだ!!(笑)
わたしの目の前で、どこかのお父さんが一生懸命息子さんに隕石の説明をしてたけど、パラサイト隕石の説明が違ってた。。。どうやらそのお父さん、化石専門(?)の方らしく、隕石の説明の時だけ説明がたどたどしくて可愛かったです。でもね。素敵なんですよ。「専門外だから」と投げ出したりせず一生懸命説明してて、こんなお父さん良いなぁ…とほのぼのしてしまいました。

 YASU様
こんにちは~。YASU様の今回の戦利品、すごいですね。スイス産の蛍石!!←もう、わたし、こればっかり…って感じですが(苦笑)そのくらい憧れです!!あれだけの品を手に入れるのは…やっぱり、大変ですよねぇ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ぶつぶつ

明日からは新宿のミネラルショーがあります。
今回は無事有休が取れたので、初日に参加できます。ラッキー☆

有給の申請をしたら、上司に「息抜きは必要だからね。」と言われました。(うーん。いい人!お父さんみたいな人です。)
でも自分、そんなに勉強進んでないんですよね…集中力がないので、頻繁に休憩をしてしまうのです。どうすれば、集中力を持続できるのでしょうか。。。
えぇ、今も休んでます。勉強。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

蛍石(インド)

Dsc02170

Ajanta,India
70×45×40mm(結晶15mmくらい)

アイスの実みたいで、おいしそうです。さわった感触も微妙につるつるで似てるかも知れない…

はぁ。もう6月になってしまいました。試験勉強が、色々な意味でいっぱいいっぱいになってきました。でも、まだ頑張れるでしょ?自分!頑張れっ!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »