« 足…まだ痛いんです。 | トップページ | 蛍石(スペイン) »

2006年5月22日 (月)

専門問題

解けそうな分野がない…とは言っても、解かないわけにはいかない。そこで、『過去問を見たとき、何となく答えの方向性が検討つきそうな分野』を選び出して、対策を取ることにした。さらに、それだけじゃ解答数が足りなくなる可能性があるので、直接業務に役立ちそうな分野をくわえ、これらの分野をわたしの得意分野ということにする(笑)………ハイ決まり(笑)

しかし、目の前がかすんでくる。ふぅ。。。富士山の頂上(合格!)は見えているのに、その課程の登山道は濃い霧に包まれている気分。…何それ、不可能じゃん。
いや、霧に包まれた中にいる自分を幽体離脱して外から見てるんだ。そうすれば、五里霧中な自分と富士山の頂上、両方見える!!…ってそんなこと力説しても。。。外からだって、霧んなかは見えないよ。

気持ちが行ったり来たりと揺れ動いてる。
問題をみると、問われ方は大体似たり寄ったりで、一見対策を取るのは容易な気がする。分野を限定することで、何とかなる気がしてくる(幽体離脱で頂上を目視してる状態)。だが、いざ紐解こうとすると、(分野を限定したにもかかわらず)対象の幅の広さや自分の無知さ加減にウンザリしてくる(身体に戻って五里霧中)

まぁ、8月の受験に間に合うかは別として、霧の中でも一歩歩けばそれは前進だよ。
…方向?クリノメーター持ってるから、一応大丈夫だと思う。(はい。ここまでで原稿用紙1枚)

|

« 足…まだ痛いんです。 | トップページ | 蛍石(スペイン) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166501/10192274

この記事へのトラックバック一覧です: 専門問題:

« 足…まだ痛いんです。 | トップページ | 蛍石(スペイン) »